GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇集団キャラメルボックス 『夏への扉』 レビュー #caramelbox

キャラメルボックス2011スプリングツアー
『夏への扉』

原作:ロバート・A・ハインライン,福島正実(翻訳)『夏への扉』(ハヤカワ文庫刊)
脚本・演出:成井豊+真柴あずき

STORY
1970年,ダニエル・デイビスは失意のどん底にいた.大学で機械工学を学んだダニエルは,親友と二人で会社を設立.ハイヤード・ガールと名付けたロボットの開発に成功した.が,婚約中の恋人と親友が仕組んだ罠に嵌められ,会社とロボットを奪われたのだ.ダニエルに残されたのは,飼い猫のピートだけ…….彼は裏切り者二人への復讐を誓うが,逆に捕らわれの身となり,コールドスリープの冷凍場に送られてしまう.そして,長い眠りから覚めた時,そこは30年後の,2000年だった!会社は?ロボットは?そして,愛猫ピートは?すべてを失ったダニエルは,起死回生の一手を打つ!



ル テアトル銀座3月25日(金)19時の回を観てきました.

今回は舞台化世界初の『夏への扉』
ロバート・A・ハインライン原作のSFとして有名な作品です.

個人的にはル テアトル銀座も初.
どんな場所かまったく分からずに足を運んだものの,すぐに見つかり,周りに何があるのかも確認しました.



ストーリーは裏切りにあったかつての親友と元婚約者への復讐,そしてもう会うことはできないかもしれない少女を探すという単純明快な冒険活劇.
そこによく練り込まれたタイムトラベルという要素を入れることで話のスピード感とワクワク感が倍増する.

さて、原作のレビューはこの後で書くとして,簡単にストーリーを追いながら感想を.



舞台装置はいくつもの扉が壁のように積み重ねられていて,中央には階段が設置されている.

加藤さんの前説が終わるとステージは暗転.

ステージ中央の扉から主人公ダンが大きなボストンバッグを持って現れる.
そして古い日記を読むように,この物語を語り始める.

ダンに続くように段々と登場人物が扉から現れ,物語を語る.
ここで題目『夏への扉』が舞台上で光り輝く.

ここまでがオープニング.

その後はダンとマイルズ,ベル,そしてリッキィによるコールドスリープとタイムマシンを使ったタイムトラベル活劇が続くのですが,やっぱりこれは説明するよりも,実際に観ないと分からない爽快感.

とはいえ,古い作品なので今回の舞台化は映像化できないらしく,いつか必ず成されるであろう再演を待つしかないのです.

--
ダンの旅の目的は当初,ベルとマイルズに対する一種の復讐だったわけですが,彼らがなぜ,どのようにしてダンを裏切ったかが明らかになってくると,その目的にリッキィとの再会が加わります.

で,だんだんと再会のための旅という色が濃くなり始めて,最終的に未来で結婚.

この「11歳の女の子と結婚するための旅」がロリコン小説と呼ばれる要因なのですが,そこはキャラメルボックス,きれいなロリコン小説(なんだそれ)に仕上がっています.

なによりリッキィを演じた實川さんがかわいい.
もう11歳にしか見えないし,成長後もお美しい

ピートを演じた筒井さん.
今回は彼がストーリーテラーなので,基本的に出ずっぱり.
どこからどう見てもネコ,いやクマにしか見えませんでした.
かっこいい

そしてダンを演じた畑中さん.
畑中さんは,がむしゃらに人生を突き進む青年の役がすばらしく合ってると思う.
本当に大好きな役者さんです.



さて,次回公演はハーフタイムシアター
『水平線の歩き方』『ヒア・カムズ・ザ・サン』

水平線は再演.
岡田達也&岡田さつきのコンビが戻ってきます.

ヒア~は続編なのか,それとも完全独立作品なのか.

こちらも楽しみです.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/604-fd066d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。