GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト アトランティス レビュー S5#082『絡みつく魔物』 #stargate_JP

SGA S5#082『絡みつく魔物』The Seed

sga_082

マイケルの実験データを入手したケラーは、冷凍保存で新薬を待つベケットのため根詰めて実験をする。そんな中、ウールジーが新隊長に着任!以前と全然違うやり方に一同は戸惑うが、その時すでにアトランティスを乗っ取ろうとする“何か”が忍び寄っていた…。
(引用:AXN)



新司令官リチャード・ウールジー,着任!

地球からの手土産は3メートル半のミーティングデスク!
いつからあったっけ?と思ったらものすごく最近でした.

さて,ジェニファーはマイケルのデータを元にベケット先生の治療法を探しているうちにある化学式を見つけるが,なかなか解読ができない.

ロドニーはどうやら毎日のようにベケットのところに行き最新のニュースを聞かせているらしい.
まじでいいやつ

ある日,ジェニファーは仕事中にうたた寝してしまう.
目が覚めると右手にべったりと粘着物質が付いていた.
調べようと思っていたが,すっかり忘れてしまう.

ウールジーさん着任後,初のミーティング.
ベケット先生の進退について“治療の可能性があり,研究室レベルの限界が来たなら実行する”,もしくは“本来の業務に戻る”のどちらかだと迫られたため実行に移すことに.

実験は成功.
カーソンは体調が戻るまで地球で治療をすることになる.



次の日,テイラが朝食を一緒にとろうと部屋を訪ねるが反応がない.
仕方なく扉を強制開放してみると,どうやら意識がないようだ.

さらにまずいことにジェニファーの体にツタのようなものが巻き付いている.

カーソンによるとマイケルのラボで同じような症状を観たことがあるらしい.
さっそくカーソンが解決策を探すことになる.

その間,ツタはジェニファーの脳を利用して思考回路を手に入れ,エネルギーを求めてアトランティスのメインフレームに向かって成長を始めている.

さらに,調査に向かったゼレンカも負傷してしまう.

人間を襲うと解ったため,とるべき選択肢は二つ.

プランA
ベケットが作った血清を誰かがジェニファーに打ちに行く.
しかし,実験がまだであり,ジェニファーに届けるにも通路がツタで浸食されていると考えられる.

プランB
ドローンを発射して問題を根本から破壊する方法.

プランAを実行することに.
血清はシェパードで試すことになり,実験は成功.

依然,イレイタス・バグの巣に潜ったときの経験から,感染しているロノンがジェニファーの元に行くことになるが,結局途中でツタに捕まってしまう.

プランC
シェパードがジャンパーで直接ジェニファーの元へ突入し,血清を打つことに.



うーん,アトランティスで似たようなエピソードを見たような?

あれは何だっけ?テイラが似たような状況になったんでしたっけ?
うーん無かったような気もする.

アトランティスの中で完結する話は都市中を行ったり来たりするので面白いですね.
ダクトの中なんて滅多に見られない

カーソンが復活して良かった.
例えクローンでも生き返るなんて,彼がどれだけ愛されているキャラクターかわかります.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/592-a67dc02e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。