GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト SG-1 レビュー S1#011『一人ぼっちの星』 #stargate_JP

SG1 S1#011『一人ぼっちの星』The Torment of Tantalus

sg1_011

半世紀も前に、スターゲイトの実験が行なわれ、スタッフの一人アーネストが異星に行っていた事が極秘資料から分かる。当時の研究主任の娘で、アーネストの婚約者であった老女キャサリンは、今も婚約者が生きている可能性があると知り、SG-1と異星へ同行する。
(引用:AXN)



国防総省が解放した映像資料の中に1945年のゲイト実験が記録されていた.
しかもその映像にはゲイトが起動した瞬間が映っていた.

記録上,スターゲイトはアビドース作戦まで一度も開いていない

ダニエルはアビドース作戦当時のスターゲイト研究の責任者キャサリン・ラングフォード女史を訪ねる.

キャサリンによると戦時中,彼女の父がスターゲイトの研究責任者だったという.
また,彼女の恋人アーネストもプロジェクトのメンバーだった.

キャサリンはアーネストについてラボの爆発で亡くなったと聞かされていた.

実際にはゲイトをくぐりどこかへ消えてしまっていた.

--
そうでした,ダニエルがSGCにやってくるまでスターゲイトは“天国の扉”と呼ばれていたんでしたね.



画像処理によって判明した惑星を調査するためにキャサリンを連れてSGCに戻る.

--
アーネストの向かった惑星はアビドースにほど近く,45年当時でも容易にアクセス可能であったと考えられる.
しかし,アビドースの座標図にはその星が記録されていない.

つまりこれは,ゲイトを作った種族がゴアウルドではないことを示している.

--
ゲイトを抜けるとそこは建物の中だった.
さらに,一人の老人,アーネスト・リトルフィールド教授が現れる.

アーネストによるとこの建物を造ったのはヘリオポリスだという.
彼のノートによると地球のどれとも似ていない4つの言語が残されているらしい.

ダニエルは調査を続けることを求めるがオニールはすぐに帰還することを決断する.
仕方なくダイヤルしようとするが,DHDが破損していた.

ゲイトが起動するまで時間がかかるため,ダニエルはアーネストにある部屋に案内される.

そこには,4つの言語が書かれた壁が存在していた.
アーネストの推測によると4つの種族が一堂に会していたという.

中央の装置に触れると部屋中に元素のホログラムが投影される.
その数は146種類.

それぞれの種族で使われている言語が異なっても,宇宙に存在する元素を共通の言語とすれば意思の疎通が可能である.



プランA
DHDの修理は難航,さらに天井の崩落によってDHDは床から抜け落ちてしまう.

オニール「サバイバル訓練の基本だ,我々は何を持ち,何を必要としているか」
ティルク「そこにスターゲイトがあり,ホームダイヤルが必要だ」

プランB
元素の装置のエネルギーを利用する計画は失敗.

オニール「私は君らと違って科学には疎いが,ベン・フランクリンの真似はできないのか?」

プランC
塔の先端に避雷針を置き,雷のエネルギーを利用してゲイトを手動で開く.

--
順調にゲイトが充電されていく.

しかし,なかなか装置から離れようとしないダニエル.

アーネスト「共に喜びを分かち合う相手がいなければどんな栄光も無意味だ!」

間一髪のところでゲイトに飛び込むSG-1

--
その後,再度あの星に接続を試みるが,ゲイトは失われてしまったらしい.

アーネスト「いつか,あの装置を作った種族に出逢い,意味を聞く楽しみが増えた」



宇宙4大種族の存在!

でも,このときはまだ彼らの名前は出てなかったんですね.
具体的にどの種族がそうなのか.

でも実は既にそのうちの2つに遭遇しているSG-1,なんて運が良いのでしょうか.

エンシェント,アスガード,ノックス,ファーリングス

ファーリングスの容姿については置いておくとして^^;
彼らがあの場所で話し合っているのを想像すると妙ににやけてしまいます.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/588-fd3379ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。