GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト SG-1 レビュー S1#008『四次元の妖精』 #stargate_JP

SG1 S1#008『四次元の妖精』The Nox

sg1_008

自ら姿を消すことの出来る"ステルス生物"を捕獲しにその星に訪れたSG-1だったが、ステルス生物の存在を感じたのと同時に、スターゲイトも消えうせてしまう…。
(引用:AXN)



国防長官がSGCの視察にやってくる.
これまで19もの星に立ち寄ったのに一向に先進技術を持ち帰っていないことが不満らしい.

ティルクの情報によればある惑星の生物は姿を消す能力を持っているという.
早速,惑星P3X-774に向かう.

一度装備を調えてから出直すことにするが,突然スターゲイトが消えてしまう.

ホバリングしているらしい生物を見つけるが,麻酔を打とうとした瞬間,エネルギーガンが発砲される.
どうやらアポフィスも生物を探しに来たらしい.

アポフィスを捕獲する作戦に移るSG-1

奇襲作戦を実行するも返り討ちに遭ってしまう.
絶体絶命かと思われたその時,SG-1の姿が消える.

--
なんでアポフィスとどうタイミングで探索に来ちゃうかな.
広大なスターゲイトネットワークの中で偶然にも一部隊が遭遇する確率って,まさか内通者.

アポフィスさん護衛が数人で出歩いちゃうんだもんな.
支配階級のトップは違うぜ



SG-1が目を覚ますと傷は完治していた.
武器はない.

と,そこに不思議な容姿をした住民が現れる.

彼らはSG-1の傷を治し,スターゲイトまで案内するという.

その力を学ぼうと交渉するも失敗に終わるが,どうやらジャファの1人シャクルも治療中だということが分かる.

彼らの話によると名前はノックス,ホバリングしていた生物はフェンリというらしい.

ダニエルはノックスとの交渉,オニール達は自衛の用意をすることにする.
アンテウスによると姿を消す能力はフェンリではなくノックスにあるという.

ティルクはシャクルを説得するも奇襲に遭ってしまい,ライアが怪我をする.

逃亡したシャクルはアポフィスにノックスのことを報告し,さらにナフレイユも行方不明になってしまう.

--
アンテウス「愚か者は人の話を聞こうとしない」

--
アンテウス達は怪我をしたナフレイユの治療に取りかかったため,SG-1は奇襲を掛けるであろうアポフィス達を逆に奇襲するための作戦を立てる.

作戦は成功
アポフィスを追い詰めるも,直前でノックスに隠されてしまう

--
アポフィス達がまたやって来るという警告をすると,ノックスは空中都市をSG-1に見せる.



さてさて,地球より遙かに進んだ文明の登場です.
と,まあその話は数話後に.

これからもゲストで何度も登場する種族.

結局,地球人は成長する見込みのあるガキンチョ扱いされたけど,10年後には二つの銀河を股に掛けた種族として名をとどろかせるわけで,このファーストコンタクトは重要な意味を持つことになるんですね.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/585-a04cc22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。