GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SPEC ~視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』 甲の回 レビュー #keizoku #spec

金曜ドラマ「SPEC(スペック) ?警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿?」|TBSテレビ

世の中には、通常の人間の能力や常識では計り知れない特殊能力(スペック)を持った人間が潜んでいる。
例えば、異常に感覚が進化した人間、異常な運動能力を隠し持っている人間、異常に優れた頭脳を持っている人間。
もし、そのうちの何パーセントかの特殊能力者が、その能力を悪用しているとしたら…。
特殊な能力で、他人の命や財産、果ては社会的地位、もしくは、政権を狙いだしたとしたら…。
そして、そのことに、すでに各国の政府は気づいていて、水面下ではすでに、暗闘が繰り広げられているとしたら…。

このドラマは、凡人にはない特殊能力、「SPEC」を持っている犯罪者に立ち向かう、若き刑事たちの物語である。
(引用:公式WEB)


民放ドラマの第1話のレビュー書くなんて久しぶり.

とにかく待ちに待った『ケイゾク』の続編なので,事前に『/TVシリーズ』>『/特別篇』>『/映画』と観返してテンションが高い状態で第1話「甲の回」を観ました.

気になったこと書いていきます.


当麻&瀬文のコンビは柴田&真山のコンビと同様意外と良い感じ.
正反対の高圧的態度がぶつかり合ってなぜだかうまくいってしまっている感じ.

瀬文はSPECに対して懐疑派だけど,当麻の有り得なさそうな推理に筋が通っていて,もし“SPEC”が存在するとすれば可能である犯行を彼なりに裏取りしてるんじゃないかって考えると面白い.

それと野々村係長.
捜査一課弐係から公安第五課に異動になったわけだけど,これって降格人事なのかしら.
継続班はほとんど資料係のくせに一応は継続捜査班だから柴田のおかげで何件か事件解決したけど,ミショウは一課の手に負えないような特殊事件を“捜査する”っていうのが目的だから第一線に近いところに引き戻された感じですか.

まあ,瀬文が来るまでは2人でしたが.

福田沙紀,いいよね.
ポジション的には前半はあまり出番なさそうだけど,後半になってSPECと瀬文の事件がつながるにつれてキーパーソンになりそう.これは期待.

冷泉俊明も,あっという間に消えそうなインチキ霊能力者風だけど,本当に霊能力があって,今後もばんばん当麻&瀬文に関わってくる予感.

それから,特筆すべきが雅ちゃんの顔出し.
全シリーズではほとんど顔が隠れたポジションだったけど,今回からは警視庁に就職が決まって,ミショウにお客さんを連れてくる婦警っていうポスト.そして顔出し.
ていうかどう考えてもかわいくなってる.若くなってる.
というのも演じている有村架純は93年生まれの17歳なわけで,どう考えても雅ちゃんの年齢じゃない.いや,十分有りなんだけど.
もしかして雅ちゃんは朝倉じゃないよななんて.

第1話の流れ的には「人間には使いっていない脳の一部を活性化することが出来た人がいるはずだ」>「事件の謎解き」>「SPECを用いた解決篇と犯行の自供」といったところ.

特に最後になって「高速で体を動かすことが出来るSPEC」という説明があって,やっとこのドラマのテーマが特殊能力だって思い出しました.
で,時間がゆっくりになってその間に神木隆之介演じる一十一(にのまえ じゅういち)が登場.彼が,前作で言うところの朝倉ポジションみたいでこれはちょっと期待.

瀬文の事件は個人的には一のSPECではなくて瀬文自身のSPEC何じゃないかと思うんだけど,たぶん違うでしょう.


公安部のセットも小ネタたくさんで面白かったです.
しっかりと「矢部分室」なる物も存在していて,秋葉くんもチラ見してましたし.

堤ワールドってやつですね.

ええもう,最後までしっかりと観ますよっと.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:TBS - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/542-be13b941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。