GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇集団キャラメルボックス 『すべての風景の中にあなたがいます』 レビュー

キャラメルボックス2009
ハーフタイムシアター
『すべての風景の中にあなたがいます』

原作:梶尾真治「未来のおもいで」(光文社文庫刊)
脚本・演出:成井豊,真柴あずき

STORY
4月,イラストレーターの滝水浩一は,
熊本と宮崎の県境にある,白鳥山に登った.
山頂近くで突然の雨に見舞われ,
上から飛び降りてきた女性とともに,洞窟に飛び込む.
女性は,滝水がいれたコーヒーを飲むと,
また雨の中へと去っていった.一冊の手帳を残して.
手帳の最後のページには「藤枝沙穂流」と書いてあった.
数日後,滝水は手帳を届けるため,沙穂流の家を訪ねる.
ところが,その家に住んでいたのは,「藤枝詩波流」.
よく似た名前だが,沙穂流とは全くの別人だった.
はたして,沙穂流はどこに?


えーと,3月6日20:30の回です.
一月前の話題ですハイ.

岡田達也と細見大輔の掛け合いが絶妙.というか細見さんはっちゃけすぎ.
若干岡田達也がついてこれてない感がありました.

梶尾真治原作の作品はクロノスシリーズに続いて5作目.
自分は「クロノス・ジョウンターの伝説」「きみがいた時間 ぼくのいく時間」しか読んでいないわけですが,「ほうなるほどパワースポットによるタイムトラベルか」と素直に感心しましたよ.沙穂流と浩一が最初の出会いから一度も出会うことなく手紙だけがやりとりされるというなんともフィクション的な展開が悪くはなかったです.

で,今回は稲野杏那が初舞台.本当の初舞台は「君の心臓の鼓動が聞こえる場所」だけどちゃんとしたセリフがあるのは今回が初.
いやーいいですね.声のトーンがキンキンしてると思ったけどそれは補正をかけて聞くということで.
これからも応援していきますよ.


そうだ.
コマ劇が閉館してシアターアプルもなくなったので,今回の公演はすぐ隣にある新宿FACEでした.
ライブハウスにパイプ椅子を設置して客席を確保.
元々立ち見のフロアだから,中央には横に長いテーブルがあるのでその後ろの人は紙類の荷物はそこに置けるという親切設計.
さらに,審査員席も存在するという.

が,しかし,パイプ椅子がために尻が痛い&狭い.アプルも広くはなかったけど痛いのはちょっと.
次はもう少し何か対策を考えねば.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/501-e128fd91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。