GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト アトランティス レビュー S3#050 #051

SGA #050『帰還 前編』The Return (1)
SGA #051『帰還 後編』The Return (2)

<前編>
ゼロPMのエネルギーを使い果たしてしまったアトランティスでは、製作した銀河間連絡ゲイトブリッジの試運転が行われようとしていた。そんな中、ミッドウェイで監視中のダイダロスは、光速で移動する宇宙船を発見。そのフネと乗員の正体に、皆が興奮するが…。
(引用AXN)

<後編>
ランドリーの命令を無視し、ウールジーとオニールの救出のため、レプリケーターに乗っ取られたアトランティスへ向かったシェパードたち。その頃、ランドリーは、アトランティスを爆破するため、ダイダロスをアトランティスへ向かわせていた…。
(引用AXN)


マッケイ・カーター・インターギャラクティック・ゲイトブリッジ(McKay-Carter Intergalactic Gate Bridge)!

ペガサス銀河と天の川銀河それぞれのゲイトネットワークを34個のスターゲイトと中間地点のミッドウェイ・ステーション,そしてマッケイの書いた特別で複雑なマクロを使ってブリッジするシステム.

カーターよりもマッケイの名前が先にあるのはそういうことですかね.


フライトテストは成功.
ところがテスト中にダイダロスに光速の99.9%で向かってくる何かを発見する.

接触を試みるとその物体はかつてのレイス戦争から地球へ避難している途中のランシャン戦艦トリアだった.

トリアの艦長ヒーリアと数名を連れてアトランティスに戻ると,突然ヒーリアが初めて見るコンソールを起動,都市の制御を奪ってしまう.

地球からオニールとウールジーが派遣されトップ会談が行われるも,アトランティス遠征隊は地球へ帰還することになる.

帰還後,遠征隊は解散し,それぞれの生活を送っていた.
アトランティスに調整役で留まることを許されたオニールとウールジーからの連絡ではアトランティスにアサーランが向かっているという.
それでもランシャン達はそれを気にする様子は全くないという.

ある晩,久しぶりに懐かしい顔ぶれでディナーを取っているとNORADから連絡が入る.
アトランティスに到着したアサーランによって都市は攻撃され占領されてしまったという.
ランドリー将軍はアトランティスおよびゲイトブリッジの破壊を命じるが,シェパードたちはパドルジャンパーを盗み出し,上官命令を無視してアトランティス奪還にペガサス銀河へと向かう….


おもしろかったですねえ.
冒頭,ミッドウェイ・ステーションをまたいで眺める両銀河の映像は圧巻です.このシーンだけでもおなかいっぱい.

今回は一件落着ということでオニールの権限によりお咎めなしということになりそうで安心ですが,ミッドウェイは破壊するのでしょうか.
一度アトランティスがアサーランの手に落ちたわけですから他の個体に情報が渡っていてもおかしくないですね.
位置とマクロを書き換えて建造続行ということになれば,これから地球と行き来するエピソードもますます増えていくということですか.期待大です.


ちょっとしたネタとしてはパドル・ジャンパーについて.
パドル・ジャンパーと名付けたのは我らがシェパードですが,ほかにも懐かしきフォード中尉とパラレルワールドのマッケイによってゲイトシップと呼ばれていますが,どちらも却下されています.マッケイのほうはごり押しでしたが.

で,今回アサーランが使っていた名称はゲイトシップ.
来ました,マッケイの勝利ですよ.
シェパードに聞かせてやりたいです.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/484-ce740980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。