GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太王四神記(BS2ノーカット吹き替え版) レビュー #003

太王四神記 #003『毒薬の因果』

ヒョンゴとスジニは国内(クンネ)城でホゲの様子を探っていた。ヨン家に最近、薬売りのふりをした火天(ファチョン)会のサリャンが頻繁に出入りしていた。ヒョンゴの指示で、怪しい薬売りの後をつけたスジニは、ヨン夫人が毒薬を買ったことをかぎつける。
後燕(こうえん)との戦で手柄をたてたホゲが帰還する。世間ではだれもが、ホゲこそがチュシン王になるべく定められた、優れた人物だと噂していた。王の代理でホゲに褒美を届けにヨン家に行ったタムドクは、ヨン夫人に侮辱され、なぜ叔母でもある彼女が自分を目の敵にするのか不思議に思う。
そんな中、王になってから急に体調を崩し始めた父王を心配したタムドクは、薬を探しに神殿の薬草畑へ。そこで神官見習いのキハと再会したタムドクは、キハに王の病状を診てもらうことに。王を診察したキハは、原因は希少な毒物だと告げる。キハはそれが火天(ファチョン)会の毒だとすぐに気づいた・・・。
(引用NHK)

前回のレビュー:太王四神記 レビュー #003


この頃はまだキハは完全に火天会の勢力なんですね.
火天会として天地神堂に侵入し,ホゲがチュシン王の器であるかどうかを調査し大長老に報告すると.

タムドクとの出会いは全くの偶然であって,キハにしてみればなぜヨン夫人のヤン王暗殺計画に火天会が関与しているのか理解できないと.

パソン姉さんは無事に逃げ出して国内城で鍛冶屋(しかも高句麗一)を開いているみたいで安心です.あれですね,あそこで働いているのはきっと国内城の人間なんですね.

やっぱりこの回前半のホゲはみていて笑みがこぼれてしまいます.
もう,キハが気になって仕方がないのね
いろんな意味でがんばれ!ヨン・ホゲ!

改めてみると今回のタムドクの策略はすごく頭のいい方法だとは思えませんね.
といってもよりよい解決策をここで提示できるわけではないですが.

主治医から「ホゲの策略だ」というタレコミがあったからホゲを練武場で包囲して,その罪を晴らすためにヨン夫人に真犯人を見つけてくれと頼む.

ヨン夫人に犯人は自分であると認めさせるのが目的ではなく「自分たちはおまえ達よりも先を行っている」ということを伝えるのが目的だったんですかね.
まあ,認めればその時点で打ち首なり何なりとすればいいわけですが.

タムドクは現時点ではやはりチュシンの星の下に生まれたことは知らないみたいですね.
父ヤン王が「目立たぬように」というのは単に自分を守るためであってチュシン王だからであるとは思ってないのでしょうか.

そうするとホゲのことを「みんな君がチュシン王だといっている」といいつつも「王になるためにはどうすればいい」(これ次回か?)といっているのがどうも.

火天会の目的は神器を集め,チュシン王を利用して世界を自分たちの手に取り戻すことですね.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

コメント

タムドクの策略

こんばんは。
タムドクの取りえる選択肢は書かれているようにヨン夫人に警告を発することだけだったと思います。誤算はヨン夫人が真犯人(という名目の生贄)を差し出すことに暗に同意すると思いきや服毒自殺してしまったことですね。よっぽどプライドの高い人だったのですねヨン夫人は。自分が犯人だと認めるのも、誰かを犯人にして差し出すのも嫌、ならば嫌がらせとホゲへの発奮材料で死んでやるというわけでしょうかね。

  • 2008/11/10(月) 00:15:10 |
  • URL |
  • stanaka #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/454-c8e1ff73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。