GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『容疑者Xの献身』 レビュー

容疑者Xの献身 - goo 映画

容疑者Xの献身 - 公式

発見された男性の死体は顔がつぶされ,指を焼かれていた.死因は絞殺.身元は富樫慎二(無職)であることが判明.貝塚北警察署の刑事・内海薫は捜査に乗り出す.富樫の別れた妻,花岡靖子のアリバイを確認していたある日,その隣人が湯川と同じ帝都大学出身者であることを内海は知る.
隣人の名は,石神哲哉.高校で数学教師をしている.物理学者・湯川学にとって「僕の知る限り,本物の天才」と評する男だ.
内海から事件の相談を受けた湯川は,天才的頭脳の持ち主故に,かつて唯一理解し合うことのできた“親友”が事件のウラにいるのではないかと推理する….
(引用公式ウェブサイト)


観てきましたよ.
以下,ネタバレ多数あり.


久しぶりに全く笑いどころのない映画を観た気がします.
唯一あるとすれば,草薙と内海が湯川に相談を持ちかけているシーンから湯川がドッペルゲンガーについて説明する所ですかね.

ドラマのノリはほぼ皆無ですかね.
湯川と警察がいかにして真相にたどり着くのかではなく,石神がなぜ花岡親子を守ろうとするのかがメインパートですね.

実験はアバンタイトルのガウス加速器のみ,ドラマでは毎回描かれていた「答えわかったんじゃね?→数式書き殴り」は今回はナシ.
このシーンに代わるものとしては,石神が留置場の天井にある点で四色問題を見るシーンですかね.

幾何学の問題に見えて,よく見ると実は代数の問題.
事件のウラにある石神の行動が最後に明かされるわけですが,あれ皆さんすぐにわかったんですかね?
自分は全く気がつきませんでしたよ.時間のトリックに関しては.
ヒントはどこかにあったのかな.

花岡親子と石神が警察の聞き込みに対して「事実だけ述べている.」という部分から事件は別の日に起こったという推論ができるのかもしれませんが,そこは湯川同様「ありえない」と思い別の可能性を探っていました.

石神は自分が自首するという結末まで用意していたんですかね?
最後には彼の計画がすべて崩れてしまうというのも良い意味でガクッと来る展開でした.

唯一理解し合える親友を自分の推理で追い詰めたわけですから,湯川はこの後警察に協力するかどうか疑問ですが,「親友の犯罪」と「科学への興味」というのは彼にとって別の場所にあると思うんですよね.

パンフレットで福山雅治が今後の湯川に関して「事件の謎解きとかそういったものには関わりたくないというふうには思っていくでしょうね.」と述べているので,次回作がどんな形であれあるとすれば今回の事件で湯川がどんな人間になったのかが描かれるというわけですな.設定的に.

「vs. ?知覚と快楽の螺旋?」もオリジナルとアコースティックバージョン両方聞けたので満足です.

そうだ,忘れるところでした.
「容疑者Xの献身」は演劇集団キャラメルボックスのスプリングツアー2009にタイトルされています.
こっちも楽しみだなあ.
誰が湯川と石神を演じるんだろうか.やっぱりベタに湯川は上川隆也,石神は西川浩幸ですか.ああ,細見大輔,大内厚雄,石原善暢あたりもいいかんじですねえ.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/438-903f8883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。