GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクター・フー レビュー S2#022

S2#022『闇の覚醒』The Impossible Planet (1)

前回:ドクター・フー レビュー S2#22


ブラックホール,正式名称「K-37-ジェム5」の静止軌道上に浮かぶ小惑星に建設された宇宙ステーションが舞台でした.

ステーション内にはターディスの知識がおよばないほど遙か昔に使われていたと思われる言語,新エネルギーの開拓のためにブラックホールを調査する調査隊,生まれながらにして奴隷のウードという種族.

ブラックホールについてベルティーノの古文書にはこう記してあるそうです.

?苦い薬を意味するこの星,黒く通るは,悪魔の象徴ブラックホールに飲み込まれた.でも,その苦さに耐えきれず悪魔もはき出した?

因みに小惑星がブラックホールの静止軌道上に留まるには6秒おきに6の6乗のエネルギーを供給し続けなければいけない.

ウードを介してビーストが話していた内容の一部.
「ビーストとその兵たちは地獄から這い上がり紙との戦いに望む」
「彼が目覚めた」
「黒い太陽を浴びている」
復活の言葉は
「いま姿を現し光の中を歩む,我が軍団が群れをなしてこの世界を覆う」

地盤沈下によって失われてしまったターディス.
長い眠りからよみがえったビースト.
重力場の崩壊.

緊張のクリフハンガー,次回はどうなることやら.

伏線
「タイムロード」「ターディス」「ビースト」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/351-eb2a3ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。