GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクター・フー レビュー S2#016

S2#016『女王と狼』Tooth and Claw

前回:ドクター・フー レビュー S2#16


トーチウッドの話.

ターディスが不時着したのは1897年のスコットランド,ビクトリア女王巡業の目の前.

その場をエレクトリック・ペーパーととっさのウェールズ訛で乗り切ったドクターたちは護衛官として巡業に参加することに.
その日の宿は狼男の伝説が残る村にある「トーチウッド館」.

一行はそこで狼男に遭遇し,ビクトリア女王はその体験から対地球外技術研究所「The Torchwood Institute」を設立する.

今回はトーチウッドの話です.(また)

トーチウッド研究所の目的は「未知の脅威への対応」そして「ドクターが戻ったときに後悔をさせるため」

ドクターと英国王室のつながりは1897年ということになりますかね.
コード9がアクティブになるシステムがどの時代に開発されたのか分かりませんが,トーチウッドとともにドクターはイギリスの最重要機密ということ.

シコラックス事件の際,結果としてドクターが地球に戻り,地球を救ったわけですがトーチウッドの攻撃が行われ,違う意味で彼に「後悔」を与えたわけです.


ドラマ「Torchwood」
時間軸は過去ではなく少し先(といっても現代)の話らしいです.
ドクター・フーシーズン3とクロスオーバー.


伏線
「トーチウッド」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/329-ccffb59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。