GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ERX緊急救命室 レビュー S10#219

S10#219『別離』Where There's Smoke

投薬ミスによる死亡事件でガラントは自分の支持だと証言する。
ニーラをかばい、自分を監督するカーターもかばう形になる。
ガラントには軍からイラク派遣の命令がきていた。この日がER最後の勤務になる。

外科の窮状をウィーバーに訴えるコーディー。
ウィーバーは新任部長がすでに女性に決まっているという。つまりコーディーに。

倉庫の崩壊で救急隊員が運ばれてくる。その中にはロペスもいた。
治療しようとするルイスに「ケリーが来るまで挿管しないでくれ。」と頼むロペス。

ロペスを失った悲しみの中、ヘンリーを引取るために彼女の実家に向かうが、追い返されてしまう。



経験の無い治療をあっさりとこなすアビー。さすがです。
ガラントにはホントに無事に帰ってきてほしいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/227-5ed45274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。