GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標高8000メートル

今日の分のレビュから

『喰いタン』
 今回も良くわからなかったです。そこまで真剣に見てないけど。
 緒方桃があんな言葉遣いでしゃべってたなんて。金田一も良くわかりません。須賀健太は嫌いではないです。むしろ好きなほう。
 今回の感想は「麻婆豆腐が食べたくなった」ぐらい。楽しみにしてる人スミマセン。

『氷壁』
 8000メートル地点での70メートルの直壁。はっきり言って想像できません。危険なのはわかるけど。北沢落ちてしまいました。約束は果たせませんでしたね。残念です。八代の哲夫さんは嫌いじゃないけど、智之は嫌いです。来週から裁判に入るんですね。喰いタンよりこっちのほうが楽しみです。
 あれカラビナっていうんですね、初めて知りました。


さて、昨日の続きを。

 昨日はラテン語のアルファベットの前身がフェニキア文字であるというところまでお話しました。
 フェニキア文字の前身はというと原始シナイ文字であるといわれています。簡単に言うと象形文字です。有名な古代文字にはエジプトのヒエログリフ、中国のトンパ文字などがあります。とかろが原始シナイ文字について解説しているサイトって少ないんです。もう少し探してみます。図書館行かなきゃ。ということで、ここまで勉強しました。
 文字本体についてですが、古代の文字は全体的に石や木に刻んであるものが多く、ほとんどの形は直線的で角ばっています。曲線を使ったものはあまり見かけません。アルファベットを見ればわかります。

 今回作成した26文字は、ほとんどが曲線をベースにして1または2画で描くことができるものにしました。その理由は完全ではないですが作ってあります。そのうち説明します。何はともあれ、何とか基本となる26文字は作ることができました。後はパソコンに取り込むだけです。明日には公開できるかと。

 ではまた
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/22-303aaf41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。