GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファベットって


ジャンルって固定できないの?
基本的にドラマのレビュなんだけど今日はちと違う。スターゲイトつながりということで。

 昨日書いた文字は13個できました。基本的には残り13個なんだけど、「C」と「G」とか似ている文字で迷った。ということでいったんアルファベットの起源を勉強しようかと思います。

 ではまず英語について。グレートブリテン島、今のイギリスには紀元前500年前くらいからケルト人が住んでいました。彼らが話していたのはケルト語という北欧系の言語です。ところが5世紀、ゲルマン民族の侵攻によってその一部であるアングロ・サクソン族がブリテン島に乗り込んできました。彼らが使っていたのはゲルマン系の言語、こいつが後の英語になったわけです。
 ケルト語はというと、アングロ・サクソン族によって島の隅に追いやられました。ところがケルト語の名残は英語に残っています。地名では、"Thames"(テムズ川)もケルト語の名残です。
 その後、1066年のノルマン人の大制服によってイギリスは一時的にフランスに征服されましたが、なんとか立ち直りました。フランス語の名残も英語には多くあります。
 近代英語を語る上ではずせないのはWilliam Shakespeareです。彼は自身の台本の中で巧みに英語を使いました。『To be,or not to be?』皆さんはどう解釈するでしょうか。

 それではアルファベットについて。日本で言うアルファベット、つまり英語の文字はラテン語のアルファベットです。そのラテン語というのはギリシア文字から派生したものです。つまりアルファベットはギリシア文字から派生した文字ということになります。
 ギリシア文字の起源は古代地中海世界で紀元前1000年ごろに創始されたフェニキア文字。または、同じ祖先を持つ北セム文字から発展したものと考えられる。

 と、ここまで説明してスターゲイトの設定について。1928年にエジプトのギザで発見されたゲイトは3000年前、つまり紀元前1000年ごろに埋められたものでした。この時期にラーが地球にやってきて、地球人を宿主にして宇宙にばら撒いたわけです。ということはそれよりもはるか昔にエンシェントはゲイトを作ったわけで。(ちなみにエンシェントは古い人類の祖先から枝分かれした人種)彼らが使っていた言語はもっと古いことになります。ということはですよ、ラテン語のアルファベットはもちろんのことギリシャ文字や、フェニキア文字を元に考えた時点で単純に考えて歴史的考察はできていないことになります。どうしたものか。しかもエンシェントはその後疫病のために全滅しますので、そのあたりも考えなければ。
 完成までもう少し掛かりそうです。できたらここと本店に挙げます。

20日中に更新するつもりだったのに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/21-80237c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。