GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクター・フー レビュー S2#21

S2#21『テレビの中に住む女』The Idiot's Lantern

1953年のロンドンに到着したターディス。
数日後にエリザベス女王の戴冠式が控えているので、街はにぎやかだった。

ただ1つ違うのは、当時テレビは一部の人だけが持つはずだが、この街ではほぼ一家に一台テレビがあった。



いや、ホラー。
脳を丸ごと取り去るということ自体が異常だけど、ラストでワイヤーが叫んでるシーンが一番怖かった。

トーチウッドでましたが、この組織ってどの程度まで情報網を張っているんでしょうか。「ある地域でテレビが急速に普及し、人々が誘拐されている。」この事実だけで動いてもよさそうな気がします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

コメント

トーチウッド

「トーチウッドがこれを知ったら、たいへんなことになる」と言っていた。ということはトーチウッドはこの件を知らないということですよね。
情報網はあまり広くないのでしょうか。


  • 2007/02/08(木) 22:48:07 |
  • URL |
  • モリー #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/208-17ddc7cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。