GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト アトランティス レビュー S1#007

SGA S1#007『願いの血清』Poisoning the Well

地球で言う1900年代初頭を感じさせるホフを訪れたシェパードたち。
ホフではレイスに対する防衛策として免疫を作る血清の開発を行っていた。

有効だと考えたシェプはベケットとウィアの承諾を得ずに協力を了承する。

ホフの研究チームのチーフ、ペルナとベケットの努力によって血清が完成する。
ベケットは反対するが、2週間前に捕らえたレイス“スティーブ”で実験することに。被験者は不治の病に罹っているホフ人のメレル。
実験に成功し、スティーブは倒れるが、その後メレルも死んでしまう。

ベケットは血清の危険性を指摘し、改良もしくは使用の中止を求めるが受け入れられない。もうすでに住民への摂取は始まっているという。



ベケット大活躍。美人さんといい感じになったと思ったらこの結末。悲しいね。

捕獲したレイスの名前はスティーブに決定。少しですが情報の引き出しに成功。銀河中のレイスが目覚め、刈り取りをしながらアタランティスを狙っている。

それ以外に目新しい情報はないか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

Unknown

>モリーさん
>ダッシュさん
ベケット、ペルナがあそこで違う反応をしていたらこの先いいパートナーとなったかもしれませんね。

ホフはレイスの攻撃を受けているから対レイス薬には無条件で賛成。当然といえば当然の結果のような気もします。

  • 2007/02/07(水) 21:35:30 |
  • URL |
  • virgogater #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

スティーブ

たぶんあのレイスも何万年とやってきて、勝手にスティーブって名前をつけられたのは初めてなんでしょうねー(笑
表情から少しあきれたような感じがしました。

この話の結末は可愛そうでしたね。でもベケット先生の活躍ぶりは、さすが医者って感じでしたね。

  • 2007/02/03(土) 23:41:16 |
  • URL |
  • ダッシュ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

ベケット先生

スティーブと名づけて話なんかしているとレイスには見えなくて人間のようでした。

ベケット先生、あんなに文句を言っていたのにぺルナに会ったらコロッと変わっちゃって。
でも、結末は可愛そうでしたね。

  • 2007/02/03(土) 22:55:45 |
  • URL |
  • モリー #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://virgogater.blog112.fc2.com/tb.php/206-5cc58e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。