GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト SG-1 レビュー S2#026『ゲームキーパー』 #stargate_JP #SGRewatch

SG1 S2#026『ゲームキーパー』The Gamekeeper

sg1_026

花畑のある美しい星でSG-1チームは奇妙な機械につかまり一瞬にして深い眠りに入る。彼らは体験と想像力をもとにヴァーチャル・ワールドの中に引き込まれていく…。彼らは現実の世界に戻ることが出来るのだろうか?
(引用:AXN)



なんとキーパーのキャラの立つことか!
これはハーランに負けていません.

もしキーパーにエピソード内で何度も繰り返す台詞があったならば,コムトライヤーの立場危うしというところでした.



今回,SG-1が体験したヴァーチャルリアリティの内容は,

・オニール&ティルク
1982年に行われた東ドイツでの諜報員救出任務(失敗)

・カーター&ダニエル
ニューヨーク博物館でのダニエルの両親の事故死現場

です.

--
それにしても,キーパーはとんでもなく優秀な技術者ではないですかね.
星の浄化作用が働くまでの間,住民をドーム内に退避させて生命維持を続ける装置の開発.
浄化後の環境整備.

もし,あのドームが星に数十カ所あり,すべてにキーパーがいるとしてもかなりの集団では.



ラスト
装置から解放された住民は星が正常に戻っていることを知り,新しい一歩を踏み出そうとする.

キーパーじゃないですが,きれいに整備されている花壇から何の断りもなく突然,集団でビシバシ花を摘んでいくような種族なんですよね.そりゃ数十年かそこらで再度技術的な革新が起こり,あっという間に再浄化が必要な環境になる可能性はありますよ.

キーパーがかわいそうだぜ

スポンサーサイト

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。