GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト SG-1 シーズン1 まとめ:Stargate Rewatch #stargate_JP #SGRewatch

スターゲイト SG-1 / Stargate SG-1

sg1_title



7月の最終週,8月の頭から始まったGateWorldさん主催のStargate Rewatchですが,無事シーズン1を終了することが出来ました.

このブログでは,各シーズンごとにまとめを行い,お気に入りのエピソードを選んでいくという企画もやってみたいと思います.
シーズンが進むごとにやりたいことが増えてくるかもしれませんね.



さて,まずはシーズン1のおさらいから.
スターゲイト SG-1 シーズン1は全22話.
パイロットエピソードはまとめて1話と数える事も多いと思いますが,このブログではこれを分割して全10シーズン全214話としてカウントしていきます.

日本語タイトルのリンクはすべて各話のレビューにつながっています.

Season 1 (22 episodes)
SG1 S1#001『神の子 前編』Children of the Gods Part1
SG1 S1#002『神の子 後編』Children of the Gods Part2
SG1 S1#003『エイリアン』The Enemy Within
SG1 S1#004『自由の女神』Emancipation
SG1 S1#005『悪魔の痕跡』The Broca Divide
SG1 S1#006『光の壁』The First Commandment
SG1 S1#007『エネルギ-クローン』Cold Lazarus
SG1 S1#008『四次元の妖精』The Nox
SG1 S1#009『時の呪縛』Brief Candle
SG1 S1#010『雷神トールのハンマー』Thor's Hammer
SG1 S1#011『一人ぼっちの星』The Torment of Tantalus
SG1 S1#012『ジャファの儀式』Bloodlines
SG1 S1#013『失われた記憶』Fire and Water
SG1 S1#014『ゴッド・マザー』Hathor
SG1 S1#015『地球に来た罠』Singularity
SG1 S1#016『恩讐の彼方に』Cor-ai
SG1 S1#017『トラン人の謎』Enigma
SG1 S1#018『凍りつく孤独』Solitudes
SG1 S1#019『ブリキ男』Tin Man
SG1 S1#020『異次元の地球』There But For The Grace Of God
SG1 S1#021『閉鎖命令』Politics
SG1 S1#022『突入!宇宙母艦』Within The Serpent's Grasp



改めて観るとやっぱり面白いですねSG-1.
シーズン9以降にキャストを入れ替えたあとも僕はかなり好きなのですが,できたてほやほやの雰囲気が非常によろしい.

まだ始まったばかりなので今後,結果としてスピンオフにもつながっていく伏線が貼られていたり,一方で「明らかにまた出てくる!」「後日談が気になる!」なエピソードを用意しつつ全くノータッチになるものもありました.

個人的に一番大きな点は,アトランティスにつながる基本的なアイデアがちらほらと描かれていること.
これはアトランティスを観終わったからこそ楽しめる点なのかもしれません.



では,シーズン1からお気に入りのエピソードを3つ,いや5つ!選んでいきたいと思います.
3つに絞るのはかなりきつそうです.
25パーセントで許して

S1#003『エイリアン』The Enemy Within
S1#009『時の呪縛』Brief Candle
S1#011『一人ぼっちの星』The Torment of Tantalus
S1#018『凍りつく孤独』Solitudes
S1#020『異次元の地球』There But For The Grace Of God

うーん,うーん(ー’`ー;)
前々から好きだ好きだと叫んでいるエピソードはすんなり決まるんですが,それ以外が決めづらい.
最後までどれを抜くかを決めたのは『時の呪縛』『地球に来た罠』『異次元の地球』
どれも面白いんですもの.

--
いくつかのサイトでもベストエピソード選出が行われていますが,その基準はまちまちです.

このブログの基準ですか?
何でしょうねえ.
印象に残るシーンがあるかとか,かっこよかったとかそのあたりでしょうか.
ゲストがかわいかったもあるかもしれませんね.

では,それぞれについて簡単に



S1#003『エイリアン』The Enemy Within
これを選んだ理由は,おそらく最後にSG-1が全員揃ってゲイトをくぐっていくシーンがあったから.

このエピソードでオニールの長年の親友であるコワルスキーが無くなり,その前の『神の子』ではチームとしてほぼ機能していなかった.
というよりダニエルは一応参加させてもらっている程度で,ティルクに至っては敵陣から亡命してきた兵士.
チームワークとして団結しているとすればジャックとサムぐらいでした.

それが大切な仲間の死を前にして,改めて自分たちの敵を認識,このメンバーがフラッグシップとなり立ち向かっていくんだ.というような決意を感じた背中でもあります.

やっぱり理由はこれかな^^

S1#009『時の呪縛』Brief Candle
難しいところですよね.『地球に来た罠』とどちらにするか決めかねました.

最終的にこっちを取ったのは,スターゲイト・プログラムによって調査に行った惑星の根本にある“常識”が覆されてしまう様子が描かれたから.ですかね.

もちろん,それまでのエピソードも大きな影響を与えていきましたが,これは生活のシステムを丸ごと入れ替えてしまったのですから.
いくらそのシステムを作ったのが偽りの神,当面の脅威であるゴアウルドだとしても,アルゴスの住民にとってはそれが真実であり,それ以外のモノは無かったわけです.

そこをスターゲイトを使った宇宙探検を始めて数ヶ月の軟弱者がひょっこり現れて,「君たちの生活は間違っている!」と
さすがだな地球

おじいちゃんオニールも見物ですが,女性ゲストきれいだったし.

S1#011『一人ぼっちの星』The Torment of Tantalus
・宇宙4大種族についての設定
・スターゲイト計画以前に行われた起動実験
もうこの2つです.

あとは語るまい.
いや,少しだけ語ろう.

宇宙4大種族について.
アスガード、ノックス、ファーリングス、エンシェントの4種族なわけですが,そのどれもが高度なテクノロジーを持ち,それぞれが協力し合っていたという設定.
その,超高度テクノロジーをもつ種族があんなにレトロな場所に集まって会議をしていたのがびっくりですね.
会議室の中央には元素を基準とした共通言語の投影装置まで用意して.
もう,この人たちの趣味はわからんです

“元素が宇宙共通言語”というアイデアはとても面白いと感じました.

なんにせよこの発見によってスターゲイト計画にはこれらの文明との接触という項目が追加されたわけで,これが原因でダニエルは何度も生き返る羽目に^^;

起動実験に使用したアドレスはあれ,どうしてあの組み合わせになったんですかね.
えらい確率なんですが

S1#018『凍りつく孤独』Solitudes
地球にはスターゲイトが2つあった.という設定が当時衝撃的でした.

そんなのありかよ!と

もちろん,この南極のスターゲイトが今後何度も登場し,様々な波乱を起こし,8年後には失われた都市アトランティスを発見するためのきっかけとなりました.

このエピソードが好きなのって,ジャックとサムの関係がよく言われるかもしれないですが,個人的にはもっとSF的な部分.
宇宙がビッグバンによって開闢していったと予測されているように,このエピソードがスターゲイトにおけるビッグバンを表現しているように感じているからです.

ろまんちっく

S1#020『異次元の地球』There But For The Grace Of God
なぜこのエピソード?
パラレルワールドですかねえ

“並行宇宙は存在する”を許容することで,困ったときは別の世界って設定にすればいいわけですね.
しかも無限に存在するので,何でもありなわけです.

個々で描かれた並行宇宙へのアプローチは『鏡』
この先,『スターゲイトをある方法で起動する』『空間を特殊なフィールドで包んで入れ替える』など様々な方法が出てきますが,鏡.
なんと現実的な方法でしょうか.

フィールドとか笑っちゃいます.
やっぱり別の世界に行くのはどこでもドアじゃないとダメですよねえ^^
まあ,どこかしらドアだったわけですが.



う,うーむ.長かった.
これ,来年の12月まで続けるって本当ですか?

あちらこちらでリタイア出てるんじゃないですか?

がんばりましょう.
来月のシーズン2はもう少し計画的に進められると良いんですが.
どうなる事やら.

--
さて,このブログも関係しているStargate Rewatchの企画の一環として,たばてぃさん主催によるUSTREAM番組 Stargate Extreme が配信されます.
僕もゲスト(勝手にレギュラーのつもりですが)として話します.

どうでしょう
ここで好きなエピソードを選んだので,あえて嫌いなエピソードをつらい思いをして選ぶというのは.

おたのしみに

スポンサーサイト

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

映画『スターゲイト』 レビュー #stargate_JP #SGRewatch

SG1 Movie#000『スターゲイト』Stargate

stargate_000



いよいよ8/1からスターゲイトシリーズ完全再視聴計画"Stargate Rewatch"が始まります.

Stargate Rewatchの詳しい内容については以前,当ブログでも紹介しました.

Stargate Rewatch in Japan のお知らせ 【GATE of VICSION BLOG】

本格的なスタートは8月からですが,TVシリーズの前日談である映画『スターゲイト』を観なければ,語ることは出来ない!というわけで7月の最終週が映画版に当てられているわけです.

実は,一番はじめに前身となるサイトを立ち上げたときのテーマがスターゲイトなんです.
このブログも今では複数の作品のレビューを行っていますが,本来はスターゲイトのTVシリーズのレビューを書きためておくのが目的でした.
(といいつつ,はじめから映画のレビューを書いていますが^^;)

にもかかわらず!
映画『スターゲイト』については未だレビューを書いていない!!
これはゆゆしき事態ですぞ!!!

というわけで,GATE of VICSION始まって早6年.
ついに本丸のレビューに挑みます.



この作品は,これまでに何度も鑑賞しているので,ストーリーはほぼ把握しているのですが,レビューを書くに当たってストーリーの復習と,小ネタ探しをかねて再視聴しました.

SG-1とアトランティスを観終わってからだと,感じるものも違うはずです.

細かい台詞や演出方法が大きく観てTVシリーズへの伏線になっていたりするわけです.
今回は,ストーリーを追いながら,気がついた点を書き留めていきたいと思います.

ちなみに,今回観たのは2003年発売「スターゲイト スペシャルエディション」に収録されている“ディレクターズ・カット版”です.



オープニングはメインテーマとともに太陽神ラーの胸像から.

その後,場面が変わり,古代エジプトのある集落.
ある夜,白い光とともに宇宙船が現れ,一人の少年を選び,宇宙船に連れ込む.

時代は代わり,1928年エジプトのギザ高原
ラングフォード博士とその娘キャサリンがある遺物の発掘現場に足を運ぶ.
そこで発掘されたのは,巨大な金属の輪.
そして,その下には動物の形をした鎧が埋まっていた.


--
ここ.
このスターゲイトをロープで地中から引き上げるシーン.
これ,観たことありますよね.

そう,SG1 S6#130『歴史を消された惑星』Mementoです.
こちらは「プロメテウスの試験航海中に事故があり,修理のために立ち寄った惑星は,スターゲイトのチャートには載っているけど,ゲイトが見あたらない」という話です.ざっくり
--

さらに時代は進み,現代.
とある会場でダニエル・ジャクソンが彼の考古学に関する研究発表を行っているが,ピラミッドは外的存在が持ち込んだものだのなんだので全く相手にされていない.

研究費も打ち切りになり,意気消沈して外に出たところ,老女となったキャサリン・ラングフォード博士に「時節を証明したいでしょう?これがチャンスよ」と仕事を持ちかけられる.


--
運命の出会いですね.
この出会いが,地球の,銀河の運命を変えたわけです.
ダニエルの講演会に参加していた人が「まさかアトランティス人じゃないだろ?はっはっは」って言ってますが,意図しない伏線です.
--

空軍大佐ジャック・オニールの自宅には,ウエスト将軍の命により2人の士官がオニールの復帰命令を伝えに来た.
オニールの息子は銃の暴発事件で死亡している.

場所は変わって,コロラド州クリーク・マウンテン基地.
ダニエルが基地にやってくると,それを迎えたのはキャサリンをはじめとした,研究員たちだった.

基地に着くやいなやダニエルは象形文字を見せられ,解読をすることに.
研究員マイヤーズの翻訳にだめ出しをして出した結論は「スターゲイト」
そして見せられたのは,あの金属の輪とともに埋まっていた石蓋.
彼の仕事はそこに書かれた文字を解読することらしい.

2週間後,解読は難航していたが,オリオン座の描かれた新聞記事から,文字がすべて星座であること,そしてそれが意図的に地図のように並んでいること,7つの記号の組み合わせで出発地と目的地を示していることを見つける.

早速,ブリーフィングルームで報告すると,皆驚き,ダニエルにあるものを見せる.
防護シャッターの先に現れたのはあの遺物,ダニエルの翻訳によるところの“スターゲイト”だった.


--
いいですねえ,この一連のシーン.
ダニエルの天才っぷりが遺憾なく発揮されています.

でもでも,いくら辞書が間違っているとはいえ,どうやったら“太陽の扉”が“スターゲイト”になるんだい.

最後の記号だけがどうもわからないみたいな表現だったけど,ゲイトには39個しか刻まれていないんだから,総当たりで開くと思うんですが.仕事する気なかっただろこの人たち

そしてキャサリンの台詞
"It's your stargate."
--

早速,ダニエルの導き出した答えを元にゲイトを起動させてみることに.
強い揺れのあと,ゲイトの中央に渦のようなものが形成された.
探査機を送り込んでみると,探査機は地球から消失し,カリアム銀河系で再出現した.


--
当時はブリーフィングルームもTVシリーズより高い位置にあり,ゲイトの耐震工事もしていません.

でも,なぜか,スターゲイトが何の装置かもわかっていないのに,探査機が用意されていてスターマップまでもが設置されているという.なんだこの親切設計.

おそらくこれは,極秘扱いになっている1945年に行われたスターゲイトの起動実験の名残でしょうね.そうとでも思わないと,やってられません.

さらに,カリアム銀河への銀河間移動!
さすがです.
--

探査機から送られてきた映像には向こう側のゲイトが映し出されるも,そこに描かれているのは地球のゲイトとは異なる記号だった.
計画は中止かと思われたが,ダニエルが翻訳をするという条件で,オニールのチームがゲイトをくぐることになる.

ダニエルはキャサリンから幸運のお守りである「ラーの目」を受け取る.
ゲイトの前に立つダニエル.感慨深い様子で水面に顔をつけるとゲイトに吸い込まれていく.


--
おそらく,映画公開時の設定ではアビドースのゲイトに書かれている記号は地球のものとほぼ違うという設定だったんでしょうね.
なので,帰ってこられるかわからない旅なわけです.
これ,アトランティスだ.
--

ゲイトを抜けた先に待っていたのは砂漠,そしてそこにそびえる巨大なピラミッドだった.
早速ダニエルは調査を開始するが,全く手がかりが見つからず,帰還は困難だという.
それを聞いた隊員たちはダニエルに怒りをぶつける.
仕方なく,近くにキャンプを設営して,ダニエルの調査を待つことになる.

そんなとき,ダニエルが現地の動物を見つけ,偶然にもある集落にたどり着く.

現地民はダニエルの持つラーの目を見てひざまずく.
どうやら彼らを神の使いだと勘違いしているらしい.

さらに,彼らの採掘していた金属はスターゲイトと同じ物質だった.


--
"I knew it." “やっぱり”
この台詞,感慨深いですね.研究者として最高の瞬間だったでしょう.
このシーンが,記事の頭の画像です.
すばらしい,月が3つもある.

異星人とのファーストコンタクト.
ダニエルたちは飲み物をもらい,そのお礼にチョコレート菓子を渡します.

σ(゚~゚) …(゚д゚)マニウェイ!
↑これ気に入りました
--

その頃,砂漠を砂嵐が襲い,キャンプは放棄され,隊員はピラミッドに避難した.
すると,ピラミッド上空に宇宙船が現れ隊員たちを襲い始める.

集落に迎えられたダニエルたちは現地民に歓迎される.
オニールは現地の少年スカーラと親しくなった.
ダニエルは妻として首長カザフの娘シャーレをもらい,彼女の案内で古い洞窟を調査することになる.

そこには地球では1000年以上前に失われた言語で次のようなことが書かれていた.

“遠い星から旅人が訪れた 死にかけている星を捨てて生き延びるために
彼の仲間は絶滅しかけていて 彼自身も死を目前にしていた
死から逃れるため 彼は旅に出て銀河をさまよった
彼は原始的な生物の住む豊かな世界を見つけた
彼の力と知識を使えば彼らは発展する
彼らの肉体に乗り移れば新しい生命を得ることができる

彼は一人の若者に目をつけた
村人は恐れ逃げ散ったがその若者は前へ進み出た
ラーは彼の肉体に乗り移った 寄生虫がとりつくように
人間に乗り移った彼は自ら王を名乗り
この星の鉱山で働かせるため スターゲイトで人類を移住させた
この鉱石が彼のテクノロジーの基盤で永遠の命の源だった

だが地球で反乱が起こり スターゲイトは砂に埋まった
反乱の波及を恐れ ラーは真実が記録されぬよう読み書きを禁じた”


--
ラーのジャファがアヌビスにしかみえないんですよね.
装備も軽装で,肌が露出しすぎです.

当時,ラーが宇宙最強のゴアウルド(まだその設定はないですが)だったので,まさに敵なし,戦闘も原始的な民族相手だったのでしょう.

だから意外と弱い
--

洞窟には石蓋も置かれており,そこには記号が並んでいたが,7つめの出発点だけが破壊されていて解読できない.

オニールたちは一度ピラミッドに戻るが,そこでジャファに捕らえられ,ラーの元に連れて行かれる.
オニールが機転を利かせ反撃に出るもダニエルが撃たれてしまう.

ダニエルが目覚めるとそこはラーの部屋だった.
ラーが言うには
「人類を選んだのは修理が簡単だからであり,人類は進歩しすぎ,スターゲイトを開いてしまったことが間違いである」「ラーは唯一絶対の神でなくてはならない」「核弾頭を地球に送り返す」
ということだった.

その頃,シャーレがスカーラたちを説得し,ラーへの反乱を計画する.

ピラミッド前に人々が集められ,ダニエルがオニールたちの処刑を命じられる.
しかし,武器を手に取ったスカーラたちにより反乱が始まった.


--
いやだから,7つめだけがわからなくてもすぐに帰れるじゃないか.

ラーの鎧はやっぱりかっこいいですね.超オーバーテクノロジーです.
さらに,今後も例を見ないほどの美少年.

宗教として成り立つわけです.

ここでダニエルは石棺ポイント1ゲットです.
ピコーン!
--

オニールに与えられた本来の命令は
「ゲイトの先に地球の脅威があればそれをどんな手を使っても破壊すること」
だった.
しかし,現状では地球への帰還は無理なので,ラーを阻止するために全員こちらに留まるしかない.

そんなとき,ダニエルはスカーラの書いた絵を見て7つめの記号を見つける.

ラーを阻止するため,そして地球に帰還するためにダニエルとオニール,シャーレがピラミッドに乗り込むが,シャーレが撃たれてしまう.

ピラミッドの外では戦闘機との戦いになり,次々と人々が殺されていく.
オニールもジャファとの戦闘に苦戦している.
隙を見て転送装置を起動し,ジャファの頭部だけを転送することで危機を脱する.

ダニエルはシャーレを石棺に入れ,回復させる.
その現場をラーに見つかり,取り押さえられるもオニールの起動した転送装置でラーから逃れることに成功する.

外では,ジャファに降伏しようとしていたが,そこにカザフが大群を引き連れて戻ってくる.

敗北を覚悟したラーは宇宙船で逃げ出す.
そこに,転送装置によって核弾頭が送り込まれ,ラーの宇宙船は惑星の軌道上で爆発する.

ラーの支配から解放された地上では,ダニエルによる記号の解読が終わり,オニールたちが地球に戻ることになる.
しかし,ダニエルはシャーレとともにこの惑星に残ることにする.

ダニエルは,ラーの目をオニールに託す.

"I'll be seeing you around, Dr. Jackson."

THE END




いやあ,何度観ても面白いですね.
最後の戦闘はカザフが良いところを持って行った感がありましたが^^;

後半になってくるにつれてオニールがかっこよくなってくるんですよね.
最後の台詞もとてもイケメン.

このラスト,改めてみると確かに続編を意識した終わらせ方でした.
このあとオニールがアビドースに戻ってきて一波乱あっても良い感じです.

TVシリーズの続編とは別にこの映画の続編も企画されているとか.
観たいような全然観たくないような^^;

ラーの宇宙船が爆発するシーン,かなりかっこいいと思います.

stargate_001

もしかして一番良いシーンなんじゃ



さて,8月からはついにTVシリーズ.

どこまでオンタイムで観られるかわかりませんが,このブログでは月の終わりにシーズンのまとめをする予定です.
来年の12月まで続く長丁場なので気合いを入れていきましょう.

もちろん,たばてぃさんと共同でUSTREAM番組Stargate Extreamも行う予定です.
こちらもご覧ください.
オモシロイヨ


テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

Stargate Rewatch in Japan のお知らせ #stargate_JP #SGRewatch

お久しぶりでございます<(_ _)>

スターゲイトの大手ファンサイト“GateWorld”さんにて,“Stargate Rewatch”という企画が発表されました.

GateWorld - Stargate Rewatch

企画の概要は,

2011年8月から1年半かけて,毎月1シーズンずつ,スターゲイトの全シリーズ&全エピソードを観賞する.
そして,Twitter( #SGRewatch )やFacebook,その他様々なツールを利用してファン同士の交流を深めよう.


というもの.

今後発売される予定であったスターゲイトのDVD映画2本が無期限の保留・キャンセルとなり,最新シリーズStargate Universeもシーズン3と映画に続くことなく放送終了となってしまいました.

そんな中,このStargate Rewatchを開催し,スターゲイトを盛り上げることで,シリーズの何らかの形での復活を願おうというのがこの企画の最大かつ最終的な目的です.



そこで,海外ドラマ関連の友人である たばてぃ(@psx888)さん と僕 ゆきんこ(@virgogater) とでこの企画を日本でも展開し,盛り上げていきたいということで日本語版準備サイトを開設しました.

STARGATE Extreme

Twitter上では,スターゲイトの日本語ハッシュタグとして #stargate_jp が利用されてきました.
さらに,今年の初め頃から #sg1_fes#sga_fes の2つのハッシュタグで,ファンそれぞれのペースでシリーズを観進める通称“スターゲイト祭り”を行ってきました.

「なら,(こちらの方が先に始めたんだから)Stargate Rewatchに便乗してしまおう」ということです.

僕達が独自で計画している主な参加内容は,

Ustream Channel ; STARGATE Extreme による定例会

です.



現在,参加表明,そして日本における活動拠点の整備の宣言をGateWorldさんにお伝えし,コミュニケーションをはかっている段階です.

より詳細な企画内容は,STARGATE Extreme,そしてこのブログ,Twitterにてお知らせすることになると思います.

皆様のアクティブな参加お待ちしております.
よろしくお願いいたします.



モリー(@molly2368)さんのブログでも紹介していただきました
アトランティス:お知らせ

ありがとうございます

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

STARGATE Extreme on USTREAM 第1回スターゲイトナイト 配信予告 #stargate_JP #sg_ex

USTREAMにて,たばてぃさん( @p3x888 )主催の番組『スターゲイトナイト』がついに始まります!

テーマはこのブログのメイントピックスでもある海外ドラマ『スターゲイト』
今回は,その中から次の3エピソードを主に取り上げます.

SG1 S1#003『エイリアン』The Enemy Within
SG1 S1#004『自由の女神』Emancipation
SG1 S1#005『悪魔の痕跡』The Broca Divide
(リンクはブログ内のレビュー)

予告編↓


日時: 2011/02/12 22:30頃~ 2時間程度(予定)
URL: http://www.ustream.tv/channel/stargate-extreme

開始時間,終了時間は前後することもあるかもしれません.

スカイプゲストは絶賛募集中だそうです.
自分( ゆきんこ @virgogater )も出ちゃったりするかもです

それでは皆さん,ふるってご参加ください!
(・人・)\(^▽^)/

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

エンシェントの言語について2 #stargate_JP

gooブログの方のこの記事(GATE of VICSION BLOG エンシェントの文字について)にコメントをいただいたので,エンシェントの言語について改めて調べてみました.

といってもWikipediaをあさったりしただけですが.



コメントの一番重要な部分はここ

>イゴ デセルディ アソルド コムド アソルド 
>質問ですが、オニールがアイダ銀河の惑星オサラに行った時にアスガードに言った上の言葉ってどんな意味なんですか

SG1 S2#037『宇宙人・第5の種族へ』The Fifth Raceでオニールがエンシェントの知識を脳にダウンロードされ,段々とエンシェント化が進み,最終的にZPMを設計,製作,そのエネルギーを使いアスガードが住むアイダ銀河のオサラへと片道旅行した後に発した言葉ですね.(説明長い)

で,まあ,いきなり種明かしなんですが.このセリフはアルファベットで書くと

Ego deserdi asordo. Comdo asordo.

状況的に「助けてください」的なことを言ってそうなのは明確です.
何を言っているかというと,英語では

I desire help. Please help.

つまり,

私は助けが必要です.助けて.

正解!というやつですね.



では,ここから,受け売りの解説です.
言語学者でもなければ,この体系を作った人でもないので.

今のところ,地球人でエンシェントの言語を理解しているのはダニエルを筆頭に何人もいるようです.
それもそのはず,そもそもエンシェント語はラテン語に非常によく似ているから

上の「助けて!」を例にすると,エンシェント語,ラテン語,英語の順にこのようになります.

Ego deserdi asordo. Comdo asordo.

Ego Desiderare Adservi Commodo Adservi

I desire help. Please help.

ね?
つまりそういうことなんです.

ちなみに“Ego”は“I”
エゴ(自我)のことですよ.

これで,長年の疑問が解決しました.
良かった.



ここから,ちょっと考察です.

ラテン語(Latin)はイタリア半島ラティウム地方でラテン人によって用いられていた言語.それが後にイタリア語,フランス語,ルーマニア語などロマンス諸語と呼ばれる言語に派生していったわけですね.
また,その背景からドイツ語や英語などのゲルマン諸語にも大きな影響を与えているわけです.

で,ここでふと思い出してみると,普段エンシェント,えんしぇんと言ってますが,本来,彼らがペガサス銀河で名乗っていた名前はランシャン(Lantean).彼らがシティシップ・アトランティスで入植した星はランティア(Lantea).

まんまラテンじゃん
つまりこういうことですかね

ランシャン(Lantean)はペガサス銀河でのレイスとの最終戦争に破れ,Terra(地球)に逃げてきた.
紀元前8世紀頃,現在のイタリア半島に入植した.
いつしか,ランシャンはラテン人(Latini)と呼ばれるようになり,その場所はラティウム(Latium)と呼ばれ,彼らの使っている言葉がラテン語(Latina)と呼ばれるようになった.


なるほどー.納得ですね.
世界中で話されている言語の根幹はやはりエンシェントであると.

それにしてもランシャンは良い場所を定住地に選びましたね.
地中海ですよ!海!



エンシェント語の解読には,言語のルーツをたどる必要があったと.
意外とあっさり解決してしまいました.

と,この話ダニエルがしていたかな.

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。