GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターゲイト アトランティス レビュー S5#082『絡みつく魔物』 #stargate_JP

SGA S5#082『絡みつく魔物』The Seed

sga_082

マイケルの実験データを入手したケラーは、冷凍保存で新薬を待つベケットのため根詰めて実験をする。そんな中、ウールジーが新隊長に着任!以前と全然違うやり方に一同は戸惑うが、その時すでにアトランティスを乗っ取ろうとする“何か”が忍び寄っていた…。
(引用:AXN)



新司令官リチャード・ウールジー,着任!

地球からの手土産は3メートル半のミーティングデスク!
いつからあったっけ?と思ったらものすごく最近でした.

さて,ジェニファーはマイケルのデータを元にベケット先生の治療法を探しているうちにある化学式を見つけるが,なかなか解読ができない.

ロドニーはどうやら毎日のようにベケットのところに行き最新のニュースを聞かせているらしい.
まじでいいやつ

ある日,ジェニファーは仕事中にうたた寝してしまう.
目が覚めると右手にべったりと粘着物質が付いていた.
調べようと思っていたが,すっかり忘れてしまう.

ウールジーさん着任後,初のミーティング.
ベケット先生の進退について“治療の可能性があり,研究室レベルの限界が来たなら実行する”,もしくは“本来の業務に戻る”のどちらかだと迫られたため実行に移すことに.

実験は成功.
カーソンは体調が戻るまで地球で治療をすることになる.



次の日,テイラが朝食を一緒にとろうと部屋を訪ねるが反応がない.
仕方なく扉を強制開放してみると,どうやら意識がないようだ.

さらにまずいことにジェニファーの体にツタのようなものが巻き付いている.

カーソンによるとマイケルのラボで同じような症状を観たことがあるらしい.
さっそくカーソンが解決策を探すことになる.

その間,ツタはジェニファーの脳を利用して思考回路を手に入れ,エネルギーを求めてアトランティスのメインフレームに向かって成長を始めている.

さらに,調査に向かったゼレンカも負傷してしまう.

人間を襲うと解ったため,とるべき選択肢は二つ.

プランA
ベケットが作った血清を誰かがジェニファーに打ちに行く.
しかし,実験がまだであり,ジェニファーに届けるにも通路がツタで浸食されていると考えられる.

プランB
ドローンを発射して問題を根本から破壊する方法.

プランAを実行することに.
血清はシェパードで試すことになり,実験は成功.

依然,イレイタス・バグの巣に潜ったときの経験から,感染しているロノンがジェニファーの元に行くことになるが,結局途中でツタに捕まってしまう.

プランC
シェパードがジャンパーで直接ジェニファーの元へ突入し,血清を打つことに.



うーん,アトランティスで似たようなエピソードを見たような?

あれは何だっけ?テイラが似たような状況になったんでしたっけ?
うーん無かったような気もする.

アトランティスの中で完結する話は都市中を行ったり来たりするので面白いですね.
ダクトの中なんて滅多に見られない

カーソンが復活して良かった.
例えクローンでも生き返るなんて,彼がどれだけ愛されているキャラクターかわかります.
スポンサーサイト

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

スターゲイト アトランティス レビュー S5#081『助けを待つ命』 #stargate_JP

SGA S5#081『助けを待つ命』Search and Rescue (2)

sga_081

マイケルの秘密基地で自爆システムが作動し、さらわれたテイラを探しに潜入していたシェパードらが、瓦礫の下敷きに…。報告を受けたカーターはすぐさま救出チームを結成し、自ら現場へ。しかしマイケルの船がすぐ近くに迫っていた!
(引用:AXN)



先週,アトランティス シーズン5が終わったばかりですが,今週から改めてシーズン5が始まったので,レビュー補完と言うことで進めていこうと思います.
シーズン3とシーズン4はどうした



前回
S4#080『最後の男』で4万8千年後の未来からテイラの居場所の情報を手に入れて戻ってきたシェパードは,その情報を頼りにM2S-445へ救出に行くも,マイケルの罠にはまり秘密ラボの崩落に合い生き埋めになってしまう.

助かったのはロドニー&ローン少佐,ロノン&シェパード中佐の4人.

ダイダロスが到着するのは2時間後.
ラボの外に待機していたエジソン中尉がアトランティスに報告,医療班と工兵を引き連れカーターは救出に向かう.

M2S-445からマイケルの母艦までの,これでもかというくらい綺麗な宇宙旅行,そしてオープニング後のアトランティスの埠頭からコントロールタワーまでのCG!
なんと美しいんでしょう.
(これが一番の見所では)

ぜんっぜん気がついてなかったんですが,SGA S5#087『深い霧の向こう』に出てきたアリシア・ベガ大尉ってこの回で初登場だったんですね.

久しぶりに前線に出ているカーターを見ましたが,指揮官でもやっぱりカーターは最前線がかっこいい.
デスクワークは似合わない.

そしてやっぱりダイダロスのかっこいいこと.
レイス母艦もアスガードビームの前ではアリンコと同じだぜ!
でも,ピンポイントで狙い撃ちできるのは反則だよね



“テイラが子供にロドニーから名前をもらう”というジョークに笑えないロドニー.

そしてカーターはSGCから“クローン・バールの最後の一人を捕まえた”という報告を受け幼生摘出に立ち会うために天の川銀河に帰ることに.( SG1 Movie#216『コンティニュアム』Stargate: Continuum )

と,ここまでは順調でしたが,最後にとても大事なお知らせ.


ウールジー「アトランティスの新しい司令官は私です^^」


この頃は,「えーまじでー.ありえないだろー」と思ってましたね.
まさかあんなに活躍してくれるとは.

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

スターゲイト アトランティス レビュー S5#100『戦いは銀河を越えて』 #stargate_JP

SGA S5#100『戦いは銀河を越えて』Enemy at the Gate

sga_100

ZPMを入手したレイス軍が、かつてないほど強大な母船を作っているという情報が入る。さらにパラレルワールドからの亜空間通信で、地球の座標を知られてしまう…。ZPMを手にしたレイス母船が地球にたどり着くのを阻止するため、命をかけた戦いに挑む!
(引用:AXN)



スターゲイト アトランティス シーズン5 フィナーレ!
シリーズ・フィナーレ!
グランド・フィナーレ!

張り切って行ってみましょう!
ビックリするぐらい長いよ



トッドからゲイト通信が入る.
S5#097『頼みの綱』で何とか一命を取り留めたトッドの治療は成功し,レイス同盟のトップに返り咲いた.
(くたばっていればいいものを^^)

以前,アトランティス,トラベラー,レイスによる対レプリケーター作戦においてZPMをアトランティスは手に入れたが,その時レイスも複数のZPMを手に入れていた.

このZPMを母艦に組み込む研究が続けられていたが,最近それが完成.
トッドは部下に裏切られ,謀反を起こされてしまう.

ZPM搭載のレイス母艦が存在するという事実は,ペガサス銀河にとって最大の驚異となり得る.
母艦の進行を阻止し,奪還することがトッドとアトランティスにとっての利益になると訴える.

ものすごく怪しいんですが

そこで,ダイダロスで母艦の調査をすることに.
トッドの証言通り,母艦はZPMを搭載しているとしか考えられないエネルギーサインを持ち,ステルスモードのジャンパーでさえも感知可能なセンサーを搭載していた.

通常のレイス母艦には許容サイズがあるが,エネルギーが有り余っている母艦にとってはサイズなど関係ない.
放っておくと文字通り銀河最強になりかねない.

ジャンパーを保護するために攻撃を遮ったダイダロスは重傷を負ってしまう.すると母艦はハイパースペースに消えていった.
ジャンプの直前,亜空間通信によって何かがペガサス銀河に到達したことが分かる.
そこには地球の座標が含まれていた.

でた,ついに届いた.最悪の状況に.



ダイダロス級で先回りしてZPM母艦を足止めする作戦に.
ダイダロス以外で使用できる戦艦はアポロとサン・ズーのみ.
オデッセイは秘密任務に従事している.

待ち伏せ作戦は失敗.サン・ズーは大破,アポロも甚大な被害を受け,救助が必要な状態に.



戦闘可能な残りの船は一隻に.
アトランティスを飛ばして母艦を食い止めるしか方法はない.

ついに飛ぶ!
探検隊がアトランティスにやってきて2度目のスタードライブの起動!

トッドと交渉し,ZPMを入手.
シェパードはアトランティスが間に合わなかった場合に備え地球のドローンチェアによる防衛に当たることに.



ドローンチェアによってZPM母艦を迎撃する作戦

久しぶりのサム登場.
ワシントンにいるランドリー将軍が戻るまでSGCの指揮官はサムに.
次の任務は新造のダイダロス級ゼネラル・ハモンド(旧称フェニックス)の艦長に.

サマンサ・カーター艦長の誕生.
これは面白そうです^^
あ,アトランティス指揮官も一応艦長なのか

アトランティスにZPMを接続,操縦はカーソンが担当することに.
死んでなお活躍を続けるカーソン・ベケット.

ロドニー&カーソンのコンビはある意味R2-D2&C-3POみたいなものですかね.
どちらが欠けても宇宙の歴史に影響する.



その頃,ZPM母艦が予想よりも早く月の裏側に現れる.ZPMへの適応作業を進めているらしい.
そこで核武装したF-302で奇襲攻撃を仕掛けることに.
ところが,ダーツが先行してチェアの保管されているエリア51に向かっていることが判明.
302で迎撃をするしかない

チェアはやっぱりエリア51に移管されていたんですね.
南極のエンシェント砦では条約違反のため何やかんやで51に移動したって言ってますが,シェパードはチェアが必要になったときどうやって一瞬で南極まで行くつもりだったんでしょうか.

302でダーツを迎撃するも圧倒的な数に押されてチェアは大破.
シェパードはカーター大佐の命令を無視し,核で直接母艦を叩く作戦に出ることに.

その頃,IOA高官を避難させるためにアルファ基地への接続を試みるも,ゲイトがオフラインの状態から回復しないことが分かる.

来ましたね,常套手段.
逃げられなくなりました.面白くなってきた^^;



スタードライブで地球に向けて全速航行中のアトランティスが天の川銀河の淵で急停止する.
原因は不明だが,最悪の場合地球までたどり着けない.
メッセージを送るために地球にダイヤルするも反応はない.
それどころかエネルギー反応を見る限りレイス母艦とつながっているらしい.

トリックはこう.
元々,ある座標内に複数のスターゲイトが存在する場合,同時にワームホールを繋ぐことができるのはどれか一つに限定される.しかし,天の川銀河のゲイトとペガサス銀河のゲイトが存在した場合はペガサスが優先されるようにネットワークがプログラムされているため,母艦に繋がってしまった.

つ,つまり地球のゲイトを閉じたのはアトランティスって事ですかー!

これって完全にレイスのペース何じゃ



ローン,マッケイ,テイラ,ロノンは母艦に乗り込み,内部から破壊工作をすることに.

何とかしてアトランティスを地球に向かわせたいが,方法は一つ.
ロドニーが以前から研究していた技術『ワームホール・ドライブ』を起動することだけ.

成功すれば一瞬で地球に到達するが,失敗すれば一瞬で都市が消し飛ぶという諸刃の剣.
しかも都市はエネルギーをかなり消費していると来た.
さらに面白くなってきました.

ここからは終焉に向かって物語が一気に加速
レイス母艦に辿り着いたローンたち一行は,レイスの反撃に苦戦し,ロノンが犠牲になってしまう.
302で格納庫に向かったシェパードは核を起動する準備をする.

ギリギリでロドニーが作戦に割り込むが,母艦が武器にエネルギーを充電し始める.

こうなったら核を起爆するしかないという状況でアトランティス到着!

大興奮です.
こんなにかっこいいウールジーさんは観た事がない!

ここからはアトランティスによる独壇場.
カーソンがドローンを母艦に打つべし!打つべし!打つべし!

軌道が逸れて地球に落ち始めているけど,打つべし!

シェパード,ローン,ロドニー,テイラ,そして“偶然”生き返ったロノンたちはアルファ基地に避難.
そして核を起動!

意外と脆かったぞ!ZPMレイス母艦!!
もう少し来るの待ったほうが良かったんじゃないのか!!!



喜んだのもつかの間,アトランティスは大気圏に突入,地球に着陸できるかどうかはカーソンの腕次第と言うことに.

長い沈黙の後,アトランティスとの通信が回復する.
どうやら,太平洋に着水できるらしい.

「大統領に繋いで,アトランティスが帰ってきた」



500万~1000万年前,ペガサス銀河に新しい生命の種を蒔くために地球を飛び去ったエンシェントのシティ・シップ,アトランティス.
ペガサス銀河でランシャンと名乗ったエンシェントと進化の過程で生まれてきてしまったレイスとの戦争の末,都市は放棄されランシャンたちが地球に帰ってきた.

長い時間が流れ,天の川銀河ではゴアウルドが猛威をふるっていた.地球では支配階級のトップ,ラーが君臨するも古代エジプト人たちの反乱によりスターゲイトが埋められる.

さらに時代は進み,エジプトでスターゲイトが発見される.
数回の起動実験が行われるも,詳細は不明のまま時間は流れ,キャサリン・ラングフォード博士によって一人の考古学者ダニエル・ジャクソンがプロジェクトに参加することになる.

地球とゴアウルドの遭遇,トクラやアスガード,ノックスといった超先進文明との遭遇.
銀河の驚異であるレプリケーターとの遭遇を経て,エンシェントの失われた都市アトランティス探索が始まる.

ついに都市が発見され,アトランティス探検隊が結成されるも最初の探検隊は全滅.
過去が改変され,新しい時代の探検隊がアトランティスに向かうも,エネルギー問題,レイスとの遭遇によって問題はつきない.
5年の間,アサーラン(ペガサス・レプリケーター)との戦争などを経験し,ついにアトランティスが地球に帰還することになる.



長かったですね.
この14年の間に地球は2つの銀河を股に掛ける超先進文明にまで上り詰めました.
今回の作戦が銀河中に知られれば,それこそ地球の名を知らない星はないことになるでしょう.
そんなうまくいかないか.

それにしても,落下中のアトランティスは全世界の天文学者が目撃しているはずなので,あれだけはっきりと都市の形が分かる状態を撮影されたら,南極での戦闘なんて比べものにならないぐらい大問題になりそうです.

どう取り繕っても地球外文明の存在は露呈しそう.
どうなる地球.というかアメリカ.

アトランティスはステルスモードでアメリカ西海岸,ゴールデンゲートブリッジ沖に停泊することに.
修理に時間が掛かるため,しばらくは地球にとどまることになるようです.

地球を絶体絶命の危機を救ってくれたんだから最後の「大丈夫?」「生きてるよ.それに君がいる,それで十分」も寛容な心で許して……やらない.

ハ ナ レ ロ
イ マ ス グ ニ



楽しかった,アトランティス.
映画は無期限棚上げになってしまいましたが,今回のエピソードでたくさん伏線が張ってありましたね.

カーターがSGC指揮官,ダイダロス級の艦長ということはやはりSG-1は再編成されているでしょうね,もしかしたらミッチェルも別の星で指揮を執っている可能性も.

オデッセイが秘密任務.これも一つエピソードができそうです.
そしてアトランティス.このどでかい船が地球に来たことで起こる問題というのも映画にできますね.

あー本当にもったいない.

スターゲイト ユニバースの放送はいつになるんだー!

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

スターゲイト アトランティス レビュー S5#099『ラスベガス』 #stargate_JP

SGA S5#099『ラスベガス』Vegas

sga_099

パラレルワールドの地球。ラスベガスで次々と変死体が発見され、“シェパード刑事”が捜査に乗り出す。容疑者に近づいたシェパードの元に、FBIを名乗るウールジーとマッケイが登場。そしてこの世界の事件が、もう一つの地球に影響を及ぼす!?
(引用:AXN)



あれ,エピガイはいきなりネタバレですかー

ちょっと読まなかったことにして進めましょう^^;



ラスベガス

ある事件の捜査のためにジョン・シェパード刑事が現場に向かう.

被害者はおそらく白人男性.
というのも,一見すると判断できないレベルまで遺体が老化,もしくは干からびている状態だからだ.

捜査を進めていくと,あるモーテルに宿泊している奇妙な男が浮かび上がってくる.

男を追ってカジノに潜り込むが,その場で男は逃走.
必至の追跡もむなしく,男はビルの屋上から飛び降りてしまう.

容疑者死亡に思えたが,その場で男が起き上がり走って逃走する.
男が宿泊していた部屋の隣室の客も殺されていた.

そんなとき,シェパードの元にFBIからウールジー捜査官がやってくる.
FBIも同様の事件を追っていたところ,シェパードが単独で真犯人に近づいていったため捜査に加えるためだという.(あれ?ちがったかな)

FBIに向かったシェパードの前に現れたのはロドニー・マッケイ博士.
一連の事件で何が起こっているのか知っているらしい.
捜査に協力しなければ,シェパードの未来はないと.

マッケイ博士の話では,本来,彼らのチームはペガサス銀河という場所でレイスとよばれる種族から地球を守っている.しかし,3ヶ月前に行われた地球軌道上でのレイスとの戦闘で取り逃がしたと思われるレイスによると考えられる事件が起こったため,急遽特別チームとして派遣されたという.

レイスは本来,頻繁に人間を捕食する生物ではない.しかし,被害者の傷口が放射線を帯びていることや,地球に墜落したダーツの部品がいくつか外されていることから,レイスが常に放射線を浴びている状態で何かを作っている可能性があるらしい.
最も恐れるべきは通信機であり,地球の座標をペガサス銀河まで送られてしまうと地球は最大の危機を迎えることになる.

そんな中,シェパードは電力供給ラインの側で不審なトレーラーを見つける.
ペガサス銀河まで通信を行うために必要な電力を得る方法としては確かに有効だ.

指示を仰ぐシェパードをよそに,レイスは完成した通信機の電源を入れる.
と同時に一体の電力が低下し,通信も妨害されてしまう.

シェパードは単身でトレーラーに向かうもレイスに気づかれてしまう.

何とかトレーラーは戦闘機で破壊するも,破壊の直前に大出力で通信が行われていた.
その中には地球の座標が含まれていたが,おそらくペガサス銀河までは到達できない.

しかし,面倒なことに通信によって時空間に亀裂が生じ,増幅された通信が別の時空間に流れた可能性がある.



楽しめました.
1シーズン20話構成で全100話なので,本来100話目でお祭りをやりたかったところなんでしょうが,シーズン5最終回ということもあり,99話でお楽しみエピソードを挟んできたというところですかね.

全体の構成はまさに『CSI・ラスベガス』といったところ.
スターゲイトの部分はラストの数分.
ペンタゴンだかエリア51だかのの作戦指令本部のシーンだけですかね.

伏線の回収の仕方も良かったですね.

3ヶ月前に行われたレイスとの戦闘と言えばSGA S2#040『敵の敵は味方?』,S3#041『出口のない戦い』を思い出します.
あれは2年前ですが,マイケルとの共同作戦の結果,2隻のレイス母艦を地球に向かわせることになってしまいましたが,ダイダロスとオリオンの健闘によって何とか阻止することができました.

しかし,こちらの宇宙では地球までやってきてしまったようですね.

今回登場したロドニーは先日,実験の過程で別の時空間に旅行をしていると.
これはSGA S3#048『兄妹』ですかねえ.
こちらの世界ではシェパードはSGCに関わることなく退役しているので,あのときのロドとは別人ですが,似たような実験がやはり行われていたと言うことですね.

こちらのロドニーも,いいカンジにイケメンです.
ジェニファーとも良い関係になっているようで~^^

さてさて,時空間の亀裂を通って増幅された救難信号がペガサス銀河に送られてしまったわけですが,次回はついにシリーズフィナーレ.
どうなる地球!ですね

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

スターゲイト アトランティス レビュー S5#098『見知らぬ女』 #stargate_JP

SGA S5#098『見知らぬ女』Identity

ケラーがゼレンカを刺して重症を負わせ、ジャンパーで逃げようとする事件が起こる。監禁されたケラーは追及を受けて、自分は“ニーヴァ”という名の泥棒だと語る。見知らぬ二人の意識は入れ変わり、ニーヴァの姿をしたケラーは別の場所で危機を迎えていた!
(引用:AXN)



懐かしいですねえ,エンシェントの長距離伝達装置.
初登場はSG1 S9#176『アヴァロン 後編』Avalon Part 2でしたか.

オニールと理髪師ジョーがそれぞれ偶然触れてしまったエンシェントの小型遠距離伝達装置をより広範囲に,銀河間通信も可能にする装置.
当時は,ダニエルとヴァーラがその装置でオーライ銀河のハリドとサリスに転送されてしまい,一悶着ありました.

で,今回はペガサス銀河で似たような事件が起こってしまうと.
ジェニファーと女盗賊ニーヴァ・キャソールが入れ替わってしまう.

始まりは2週間ほど前,ジェニファーがロドニーと映画に行くのを待つためにジャナスのラボにいたとき.
ジェニファーは未整理の物品の一つを触ってしまう.これが,遠距離伝達装置.

そして数時間前.女盗賊ニーヴァとその仲間はご先祖の宝が保管されているというある村の保管庫に忍び込んだ.
そこで,偶然にも長距離伝達装置を発見し,ターミナルに石を置くことで起動させてしまう.

そして,オープニング.
ニーヴァ(ジェニファー)にラデックが刺されるシーンへ.



さて,久しぶりに出てきた長距離伝達装置ですが,SG-1の時と動作が少し違いますか?

えーと初めから.
ジャックとジョーのお話からですね.

始まりはSG1 S1#020『異次元の地球』There But For The Grace Of Godでしたか.“コロシュナイ”と呼ばれるゴアウルドのマークが刻まれた星P3R-233を訪れたSG-1は,ダニエルがパラレルミラーに吸い込まれて別の時空間に飛ばされるという事件に遭遇.
その星から回収した工芸品の中に偶然含まれていた小型伝達装置にジャックが偶然触れてしまう.

その頃,インディアナの理髪師ジョーは,偶然立ち寄ったガレージセールでこれまた偶然にも小型伝達装置に出逢い,そこで観たビジョンに衝撃を受け,その石を購入.

このときはジョーとジャック.それぞれがエンシェントの遺伝子を持っていたため,装置が起動.
お互いの体験がそれぞれの意識にリアルタイムで流れ込んでくるという体験を7年間も続けていた.

さて次,
ダニエル&ヴァーラそしてハリド&サリスの時は,SG-1がグラストンベリーで発見した装置をダニエルたちが起動.これは,意図的な事故でしたか?

一方,オーライ銀河では反オーライ活動をしていたハリドとサリスが長距離伝達装置を起動したため,ダニエルたちの意識がハリドたちに転送されるという事件が起こる.

このときは地球側ではオニールによって石が初期化されていた.
ハリドたちはエンシェントの遺伝子を持っていたということ.

しかし,ダニエルたちの体にハリドたちの意識が流れ込んできていたとしても,彼らが目覚めることはなかった.

そして今回,伝達装置は一つ.アトランティスではジャナスによって初期化されていた石をジェニファーが触り,ニーヴァがエンシェントの遺伝子を持っていたか,あるいは初期化されていたかで装置が起動.意識が入れ替わるという現象が発生.

なんだこれ,全然違うじゃないか.
石単体の動作とターミナルを中継した動作で違うのは分かるが,てんでばらばら.
あの石とターミナルは遠距離伝達のためのプラットフォームというだけで,プログラム次第でいかようにも動かせるんでしょうか.
それとも,ハリドたちが目覚めなかったのは何かしら別の要因があるんでしょうか.

とするとやはり,

石単体では基本的には銀河内における伝達.ターミナルを中継することで銀河間での伝達も可能.このとき,使用者がお互いにターミナルを持っている必要はない.

ということですかね
このあたりですか.



さて,今回は本編にはあまり触れずに過去のエピソードを振り返る形でのレビューでした.

ニーヴァの衣装をまとったジェニファーもだいぶ良かったですねえ.

それにしてもこのシーズン(というかシーズン3以降ですか?),ジェニファーがロノン以上にアトランティスの中心人物的な運びでした.

ラスト2話は新年.
終わるのがもったいないといった感じの焦らし方ですね^^;

テーマ:スターゲイト - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。