GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRINGE/フリンジ レビュー S1#011『裏切り』 #fringeJP

FRINGE S1#011『裏切り』Bound

fringe_011

何者かにさらわれたオリビアは、ある建物に連れて行かれマスクをかぶった正体不明の男に髄液を採られる。その後オリビアは建物から逃げ出すことに成功するのだが、その際に建物にあった「サンプル」というラベルの貼ってある試験管、車のキー、携帯電話を奪う。試験管を空き地の砂山に隠したあと、オリビアはブロイルズに応援を要請し、付近の場所で捜査官たちと落ち合うはずだったのだが、現れた捜査官に麻酔銃を撃たれて病院へ運ばれる。
(引用:Super!dramaTV)



前回

突然現れたSUVに誘拐されたオリビアはどこかの施設で目が覚める.
そこでマスクをかぶった男達に手術台に載せられ髄液を採取される.

男の足元を見ると靴に白いシミが付いていた.

男の一人を騙し,何とか逃げ出したオリビアは実験室らしき場所から“サンプル”と書かれた試験管を何本か盗みだし,砂に埋める.

ブロイルズに応援を要請するも現場に現れたのは,以前オリビアが性的暴行で逮捕したハリス捜査官だった.

ハリスはブロイルズのフリンジ・チームが正常に運営されているかどうかを監査する命を受けていた.



ボストン

大学での細菌の講義中にキンバーグ博士が倒れ,口からナメクジのようなものが出てくる事件が起こる.
早速,フリンジ・チームが派遣され調査を開始する.

ウォルターの調査の結果,ナメクジの細胞とオリビアが回収したサンプルが同じものであることが分かり,サンプルを胃酸につけることで爆発的に成長し,ナメクジになることが分かる.

オリビアは次のターゲットだと考えられるキンバーグ博士の元同僚,サイモン博士を保護するも同じナメクジによって殺害されてしまう.

--
ブロイルズのチームではオリビアを誘拐した犯人の捜査を続けている.
捜査官の一人であるローブもオリビアに励ましの言葉を贈るが,彼の靴に白いシミを見つける.

ローブが誘拐犯だとにらんだオリビアは彼の家に向かうことにする.

ローブ宅を訪ねると奥さんのサマンサに向かい入れられる.
彼女の隙を見て家の中を探すとナメクジの資料を見つける.

突然サマンサに襲われたオリビアは,サマンサの額を銃で撃ち,その場をしのぐ.



ブロイルズとフリンジ・チームそして一番の協力者であるチャーリー・フランシス捜査官に相談し,ローブの内偵を逮捕することになる.

ローブを取り調べると2人の博士の殺害を認めるが,オリビアが誘拐されたのは彼らの計画の一部であり,オリビアはローブ達によって救われたはずだったが,彼女が逃げ出したことで全てが台無しになったという.



ナメクジ吐きだして死ぬのは勘弁だなあ.
自分がそうなるのも嫌だけど,周りの人に与えるショックも大きすぎる.

にしてもローブ達の計画って何だ.
ジョーンズは絡んでるのか?

チャーリーが意外と頼りになりすぎる
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

FRINGE/フリンジ レビュー S1#010『記憶』 #fringeJP

FRINGE S1#010『記憶』Safe

fringe_010

ローブの率いる一団がフィラデルフィアの銀行に侵入し、貸金庫を1つ盗み出す。しかし逃げるのが遅れたルーゴが壁にはまりローブは彼を射殺してその場から逃げる。翌朝、現場に来たオリビアたち。貸金庫が盗まれるのは3件目で誰が借りたものかは分からないという。壁にはまったルーゴを見たオリビアは彼と海兵隊で一緒だったと言って妻のスーザンを訪ねるが…。
(引用:Super!dramaTV)



フィラデルフィアの銀行からローブの部隊がある貸金庫から荷物を盗み出す.

手段は以前(S1#008『誘拐』The Equation)手に入れた物質を不安定にすることでその間の通過を可能にする技術.
つまり,壁抜け.

ところが,メンバーの1人が壁抜けの効力が消える前に脱出することに失敗してしまう.

翌朝,通報を受けたフリンジ・チームが現場に向かうと,オリビアがその人物を知っている様子だった.

彼の名前はラウル・ルーゴ,以前海兵隊で同僚だった人物で,彼の結婚式にも招待され,中尉昇進の際に自宅まで遊びにも行った仲だった.

早速オリビアは彼の自宅を訪ねるも,奥さんのスーザンはオリビアにあったことがないという.
さらには,中尉昇進のパーティーに参加していたのはジョン・スコットだという.

--
ああ,まずいねこれ.
ジョンの記憶がオリビアの記憶を浸食し始めてる?

これもジョンの計画の一部なんじゃないのか?

--
オリビアの特技
一度見た数字は一生忘れない.
学生時代のロッカーの番号,電話番号

そして銀行から盗まれた貸金庫の番号“233 377 610”



フィボナッチ数

貸金庫の持ち主はウォルターだった.
ところが,なんのために,何を隠すために,わざわざ偽名まで使って金庫を借りたのかは思い出せないという.
しかし,そこまですると言うことは重要な物であるはずだ.

捜査の結果,次に襲われる銀行がプロヴィデンスにあることが分かるが,一歩遅く,既に侵入されていた.

金庫番号は“987”
次のフィボナッチ数

オリビアの機転から近くの下水管の入り口でローブの部隊と遭遇し,メンバーの1人を逮捕する.

--
何を保管したのか思い出そうとしたウォルターは,ピーターが小さかった頃に治療の困難な鳥インフルエンザにかかったことを思い出す.

その病気を治療する医者が1936年に死亡していたため,ウォルターはその時代から医者を呼び寄せ治療させることを計画し,装置を作った.

ところが,装置を使う前にピーターが回復したため,使われずに貸金庫へ保管されたという.

しかし,装置は完成していて,理論上はどの時代,どの場所とも繋ぐことができるようになっていたという.

ていうかそれってタイムマシン!
アインシュタインの後継者どころの騒ぎじゃないよ



ドイツ

ロバート・ジョーンズに対する判決が近日中に決まり,最も軽くても終身刑になると彼の弁護士が告げる.

ジョーンズは弁護士に,仲間からの伝言と自分の伝言,そして必要な物品を持ってくるように指示する.

そして,ある人物“オリビア・ダナム”を手配するようにとも.

--
捕まえたメンバーから“ウエストフォードのフィールドに向かう”という手がかりを得たオリビア達は次の目的地が「リトル・ヒル・フィールド」であると考え急行する.

またもや点と点が繋がった.

ところが,突然現れたSUVに襲撃されオリビアは掴まってしまう.

--
ドイツでは,再び現れた弁護士をジョーンズは殺害し,彼のスーツと持ってきた時計などを身につけ,面会室の隅に立つ.

その頃,リトル・ヒル・フィールドではローブの部隊が地面に向かって透過装置を設置し,起動する.

次の瞬間,輝く蒼い光と共にロバート・ジョーンズが地上に現れる.



おおお,一気に話が動いたカンジですね.

やはり,ウォルターの研究はパターンの根幹にあるようで,既にタイムマシンを開発していたとは.

ジョーンズの関係する組織が何をしようとしているのか楽しみになってきました.

オリビアどうなる

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

FRINGE/フリンジ レビュー S1#009『幻覚』 #fringeJP

FRINGE S1#009『幻覚』The Dreamscape

fringe_009

マッシブ・ダイナミックの幹部社員であるマーク・ヤングが蝶に襲われ、高層ビルの窓から飛び降り死亡するという事件が発生する。ウォルターはヤングの遺体をラボに運ばせ、遺体に刻まれた無数の切り傷に着目し検証することに。
(引用:Super!dramaTV)



マッシブ・ダイナミック社 会議室

社員の1人マーク・ヤングが高層階から落下するという事故が起こる.

早速,オリビア達フリンジ・チームは現場に向かうが,ヤングの遺体には数カ所に渡って鋭い切り傷が残されていた.
しかし,ガラスによる切り傷とは異なるため,詳しい調査をしにハーバードまで運ぶことにする.

夜,オリビアのパソコンにジョン・スコットからメールが届く.
不審に思いつつもメールに書かれていた「ラブラドル通り1312番,地下」へと向かうとそこにはヒキガエルが保管されていた.

カエルというヒントからウォルターはマークの血中に幻覚剤が含まれていたことを特定する.

つまり,マークは自分が切り刻まれる幻覚を見て,その影響が肉体にまで及んで切り傷が発生したと言うこと.
ウォルターはこのトリックを利用した殺人だと推理する.

--
そんなわけ無いと思うんだけど



たびたびジョンの幻覚に悩まされているオリビアは,再びタンクに入り,事件の手がかりを知っているであろうジョンの記憶に直接侵入することにする.

記憶の中に入ると,ジョンとオリビアが始めてデートしたレストランが現れる.
ところが,直接干渉できないはずの“記憶の中の”ジョンがオリビアを見つめた.

次に現れたのは,ジョンを含めた4人の男達が何かを話し合っている現場だった.

その中で唯一の生き残りを探しだし,追い詰めるも車にはねられて病院に運ばれる.

男は病院で,知っている情報全てと引き替えに自分を保護するように取引を持ちかけてきた.

その夜,男の病室にジョン・スコットが現れ,男の喉をナイフで切り殺害する.



え,えー

結局,幻覚が現実になったって事で解決しちゃったの?

マーク・ヤングが襲われた蝶は,幻覚ではなくて本物でしょう?
それに,最後に出てきたジョンも看護師に見えなかっただけで実際あそこにいたと考えるのが妥当なんじゃないかと.

つまり,幻覚剤は捜査を混乱させるための手の込んだおとりで,ジョンは今も実在するし,鋭い羽を持った蝶もマッシブ・ダイナミック社のダクトの中には存在する.というのが自分の考え.

そっちの方がおもしろくないか?

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

FRINGE/フリンジ レビュー S1#008『誘拐』 #fringeJP

FRINGE S1#008『誘拐』The Equation

fringe_008

ジェレミーは息子ベンを車に乗せ帰宅途中、車が止まってしまったという女性を助けトランクを開けると緑緑緑赤とライトが点滅していてそれを見ているといつの間にかレッカー車が来ていてベンが女と車と共に消えていた。ブロイルズがそれに似た誘拐事件のことをオリビアたちに話すが、他の被害者は各分野のエキスパートで、10歳のベンがなぜ誘拐されたかが分からない。
(引用:Super!dramaTV)



コネチカット州 ミドルタウン

ジェレミーとベンの親子は帰宅途中に車が故障したという女性と出会う.
ジェレミーがボンネットを開けると緑と赤のランプが点灯し,気がついたときにはベンと車,女性は消えていて,ひとりその場に取り残されていた.

数種類の色の光を規則的に点灯させ,それを見せることで一種の催眠状態にする.
これが,事件のきっかけの出来事.

ベンは,母親が運転する自動車で事故にあった.
その事故で母親は死んでしまうが,ベンは意識を取り戻した後,触ったことのないピアノを突然弾きはじめ,作曲までするようになったという.

今回,ベンの誘拐に関連していると思われる女性と緑・赤のランプは,過去10年に起きた誘拐事件によく似ていることが分かる.

被害者は全て物理学者などの専門家ばかり.
ベンが作曲の才能を開花させたと言うことだけでは接点がないように思われた.

目を覆いたくなるような映像も特になく,今回はのほほんと見られましたね.
たまにはこうでないと.



ウォルターが精神病院にいた頃,患者の一人に緑と赤のランプを目撃し誘拐された経験があるという男がいた.
彼は誘拐後,妻を殺害し,以降ある数式を完成させようと精神を病んでいったという.

ピーターは彼の記した数式にある一定のパターンがあることを見つけ,それを楽譜に書き直してみる.
すると,ベンが演奏していた曲が現れた.

これは面白かったです.
誘拐された被害者と違い,ごく普通の少年であるベンがなぜ彼らと同じ答えを求めようとしたのかは分かりませんが,「複数の天才が同時期にアプローチは異なっても同じ発見をする」というのは面白い.

今回もう少し注目するべきは,赤と緑のランプですかね.
ウォルターが以前,広告会社に頼まれた案件に,テレビCMである一定のパターンを点滅させ,視聴者の購買欲を促進しようとする研究があった.
しかし当時は色を使うというアイデアが欠けていたため,結果は吐き気を催させると言うだけに終わってしまった.

これは,映像のワンカットだけ別の映像を差し込み,刺激を与えるいわゆる「サブリミナル効果」とは逆の,ハッキリと知覚できるレベルの刺激を与えて意識を操作する「スプラリミナル効果」って言うらしいです.

あってるかな?
ポケモンショックとは違うの?

にしても,パターン関連の事件にことごとく関係していると思われるウォルターの研究.
ここまで来ると,ブロイルズはどう考えてもウォルターに辿り着いていたと思うんですが.
どうなんでしょ
続きを読む

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

FRINGE/フリンジ レビュー S1#007『寄生虫』 #fringeJP

FRINGE S1#007『寄生虫』In Which We Meet Mr. Jones

fringe_007

マサチューセッツ州の港。ローブ捜査官率いるSWATチームは、ある密輸品を押収するために待機していた。しかし港に現れたトラックには、目当ての密輸品はなく、ただのぬいぐるみが積んであった。 ローブは、同僚であり友人のブロイルズに捜査の報告をするが、その直後にローブは発作を起こして病院に運ばれる。ローブを苦しめていたのは、心臓に寄生している人口の寄生虫だった。
(引用:Super!dramaTV)



ここ数回,かなり映像がキてますね

今回は“寄生虫”
それも,腸などに寄生するものではなく,心臓に絡みつく状態で寄生するタイプ.

ローブ捜査官が倒れ,病院で開胸するシーンでは「うわー^^;」程度だったんですが(よくみえてなかった),フリンジ・ラボに運ばれて寄生虫を取り出そうとするシーンではライトがばんばん当たっているのでよく見える見える.

完全なシンメトリーで規則的に根が生えている,素晴らしい寄生虫が^^;
足みたいなの気持ち悪い

で,こいつを何とかしてローズ捜査官の心臓から切り離そうとしますが,触れると締め付けが強くなりなかなか離れない.
寄生虫の組織が得られたのでDNA解析を行ったところ「ZFT」と解釈できる規則的な配列が見つかる.

このZFTはブロイルズ・チームが以前から内定を進めていたテロリスト組織で,その中の一人,遺伝子兵器専門のデヴィット・ロバート・ジョーンズという人物が最近逮捕されていた.

オリビアはジョーンズとの面会を取り付けるが,彼は初めに同僚であるというジョセフ・スミスと話すことを条件とする.

しかし,タイミング良くスミスの元にブロイルズがSWATを送り込んでしまったため死亡.
ジョーンズとスミスを会話させるために,スミスの脳とピーターの脳を接続し,マイク&スピーカーとして利用することにする.

「紳士が住んでいる場所はどこだ?」
「リトル・ヒル」

寄生虫を外す方法を聞き出すことに成功し,ローズ捜査官は一命を取り留める.

ラストシーン
病室からブロイルズたちがいなくなったのを確認するとローズ捜査官が奥さんに「答えは聞き出せたか?」と聞く.すると奥さんが「リトル・ヒル」とささやく.



FBIのスパイ?なんだそりゃ

「紳士の住んでいる場所」ってどの紳士かなと思えば,一番怪しいのはオブザーバーですかね.

やはり,彼がパターンの最重要人物であり,敵味方双方にとって彼の存在する場所は最重要ポイントになるって事ですかね.

今回,「リトル・ヒル」という言葉を手に入れたわけですが,これはスミスから聞き出したことになるんでしょうか.
スミスの脳が破損していたため,“LITTLE HILL”の縦棒つまり“|||||| |||||”しか情報が得られませんでしたが,ピーターが横棒を付け加えたと.

以前,ウォルターが隠したシリンダーの場所をピーターの記憶から探し出しましたが,ピーターの背後に何があるのか不明なので,もしかしたらこれはピーターの記憶の可能性もあるのでは.

気になる.
どう考えてもピーターが天才なのは生まれ持った才能ではない気がします.

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。