GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続テレビ小説 『ゲゲゲの女房』 総合レビュー #gegege

連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』

最終回が先週の土曜日,昨日からは平成22年度後期作品『てっぱん』が始まっているわけですが,恒例の朝ドラ総合レビューです.

恒例と言ってもよくよく見ると『ウェルかめ』のレビューは書いてないわけですが;
そこはまあ置いておいて


ゲゲゲが始まったのは3月29日.
超有名人,水木しげるの人生を描いた作品というだけあって世間での前評判は非常に高かったですね.

とはいえ,個人的にはあまり期待はしていなかったわけで.
というのも『てるてる家族』や『芋たこなんきん』のときは話としてモデルがちゃんといてもほとんどその人生を知らなかったり,モデルの存在を感じさせないような構成だったので楽しめたわけです.

でも今回は水木しげるをど真ん中で描いてくると.
そうなりゃどう転んでも展開は水木しげる作品に絡んでくるわけです.

もちろん,制作秘話となるエピソードが満載で面白かったですよ.

第1週の視聴率が嘘のように,話題が話題を生んで序盤で一気に人気が大爆発.そのままどんどん視聴者を取り込んでいき,人気が衰えることなく第26週まで全速力で走り抜けていったわけです.

もう,水木しげるファンには充実しすぎた半年だったでしょうね.
それだけ,良いドラマだったわけです.

それでも,自分が朝ドラを面白いと思っていたのには,主人公が良くありそうだけどなかなか無いような現実に放り込まれて四苦八苦しながら明るく生き抜いていく様子だったりするようで,少しだけ退屈だと感じたのは嘘ではありません.

こんなところです


実を言うと,『ゲゲゲの女房』のヒロインが松下奈緒だったつながりでNHK-hiで『ちりとてちん』(松下奈緒がテーマ曲ピアノ伴奏)の再放送もされていたわけで,個人的にはこっちの方がおもしろくておもしろくてたまらないという状況でした.
これも,個人的な不振の原因の一つですかね.
スポンサーサイト

テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

連続テレビ小説 つばさ 総合レビュー

『つばさ』

ブログってどう書くんでしょうか?
そんなところからはじめる恒例の朝ドラ総合レビューです.


個人的には多部未華子は大好きなわけで,そういう意味ではとても楽しめた作品でした.

翔太との絡みのあたりは正直面白くなかったですが

加乃子さんのハチャメチャぶりにもいつの間にかなれ,どんでん返しもほとんど無く,誰かの生活をテレビ越しに観ているだけといった感じも受けましたか.

にしてもつばさと真瀬がくっつくのには若干期待していました.残念.

とはいえ,最近涙腺がゆるみ始めただけなのか,所々で泣きました.
特に,最終週
ラジオの男がつばさの前から消えるシーンはもう.巻き戻して何度かみましたよ.


歴代最低視聴率とかいわれてるけど,そんなのは今に始まったことじゃない.
朝ドラが終わるたびに最低視聴率が更新されていることを考えれば,キャストとか演出とか脚本の問題だけでは無いことは明らかです.

どう考えても視聴者の層が変わったことと,観ている人間が減っているだけです.

だからつばさは悪くない.


ところで,『ウェルかめ』がはじまっているわけですが,波美はいい子だと思うよ,うん.

そういえば,ちりとてちん以来注目しているヒロインの親友ポストですが,瞳もつばさもぱっとしなかったですからね.
今回の綾ちゃんは期待できそうですよ.順ちゃんほどインパクトがあるかどうかは分かりませんが.

テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

連続テレビ小説 つばさ 主要キャスト決定

期待の次期連続テレビ小説「つばさ」ですが,主要キャストが決定しました.
ウェブサイト掲載分はすべて出します.


・“跳ぶ”ヒロイン
玉木つばさ【多部未華子】
 埼玉県川越市にある老舗の和菓子屋『甘玉堂』でのびのびと育ち、子どもの頃はサッカーチームで男子顔負けの活躍をしていた。が、10歳の時に母親が家を出たことから一転、一家の主婦役に……。ラジオ放送を心の支えに、家族の世話焼きに明け暮れ、今では市内の短大で食品関係の資格を取る勉強をしている。
 卒業後は実家の女将修業に専念しようと考えていたところ、母が突然の帰宅。あれよあれよと言う間に店は傾き、借金を払う代わりに家賃回収の仕事を押しつけられ、コミュニティ放送局の開局に巻き込まれる。やがてつばさはDJとして、地域の人々を結びつける「幸せ配達人」になっていく。

・“とんだ”両親
玉木加乃子(50)【高畑淳子】
玉木竹雄(55)【中村梅雀】

・つばさを“見守る”家族たち
玉木千代(72)【吉行和子】
玉木知秋(15)【冨浦智嗣】

・つばさをめぐる“イイ”男たち
斎藤浩徳(53)【西城秀樹】
大谷翔太(20)【小柳友】

・川越の“愉快な”人びと
宇津木泰典(54)【金田明夫】
宇津木佑子(45)【広岡由里子】
宇津木万里(20)【吉田桂子】
鈴本宏夫(53)【佐戸井けん太】
鈴本俊輔(25)【三浦アキフミ】
篠田麻子(30)【井上和香】

・ラジオぽてとの“残念な”面々
真瀬昌彦(35) 【宅間孝行】
丸山伸子(40)【松本明子】
ロナウ二郎(30)【脇知弘】
浪岡正太郎(!?)【ROLLY】
ラジオの男・語り【イッセー尾形】
 つばさが千代から譲り受けた古いラジオそのものである。加乃子の家出と前後して、つばさがラジオに悩みを語りかけると、人間の姿となって出現するようになった。勿論つばさにしか見えない。つまり、つばさの自己投影である。時につばさを励まし、時に叱咤するこのラジオが、ドラマの語りも担当する。



何人かは抜擢ですね.
楽しみです.

浪岡正太郎(!?)【ROLLY】には驚きました.年齢で(?)はよく見ますが,(!?)は初めてです.わかるのかわからないのかハッキリして欲しい感じになります.

ラジオの男って!人間の姿となって出現するようになった。って!
戸山田さんそれ一つのSFの形です!主人公が出だしから幻覚を観ているわけですね.それも自分にしか見えない相談相手として.

このドラマ,つばさの成長とか人々との交流の他はもちろんですが,つばさとラジオの男との掛け合いも見物になるのではないですかね.

ナレーションと話し始めたりとか.しないか

テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

連続テレビ小説 だんだん レビュー 第1週

『だんだん』

第1週が終わりました.
というわけでファースト・インプレッション的なレビューを.


ヒロイン・田島めぐみ(三倉茉奈)は、島根県松江市に住む何よりも歌うことが大好きな高校三年生。朝は、シジミ漁師の父・忠(吉田栄作)に付き添い、船の上で「赤いスイートピー」を口ずさみ、夕方になると幼なじみの康太(久保山知洋)と俊(東島悠起)とで結成しているバンド・シジミジルのボーカルとして路上ライブを楽しんでいた。
もうひとりのヒロイン・一条のぞみ(三倉佳奈)は、京都祇園の花街で舞妓・夢花として芸の道に打ち込む18歳。先輩芸妓でもある、母の真喜子(石田ひかり)が見守る中、お稽古に打ち込む日々。そんな彼女が仕事を終え、部屋に戻った時、ふと口ずさんでしまう歌・・・それもまた「赤いスイートピー」だった。
(引用NHK)


なんですかね,もともとこの双子を区別できているわけではないので,「のぞみ」と「めぐみ」,どちらがどっちかということがハッキリしないような状態で終わってしまった感じでした.

京都の夢花がのぞみ,松江の高校生がめぐみですね.

じわじわと来るおもしろさがあると思いますよ,今回の朝ドラは.
今週来週あたりからおもしろくなってくれると期待です.

しばらくは赤いスイートピーが脳内でエンドレス.ループしそうです

テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

連続テレビ小説 瞳 総合レビュー

『瞳』

さてさて終わりました.一週間前ですが.
恒例,簡単レビューをどうぞ


『ちりとてちん 総合レビュー』の最後ではこんな暴言を吐いてました.

「ダンスにはそんなに興味がないもので.でもちりとてちんで朝ドラを朝見る習慣がついてしまったため見続けるのかもしれません.」

案の定,初めのうちはまさに習慣という感じでした.
朝起きてやることやって朝ドラ観て出発.

前半の月島に移り住んでダンスと子供たちの世話を両立させる大変さのパートから,中盤,ダンス仲間との交流とダンスビート出場までは楽しんでみていました.

ローズマリー結成から夏コン優勝,ダンスビート出場の流れは良かったですよ.

後半というよりも終盤,瞳の家族再生計画はなかなか面白かったんですが,中盤に次々と出てきた脇役がほぼ忘れ去られてしまっている展開が残念でした.

最終週なんかいいカンジに発表会の部分だけ見逃しているわけですが,由香と純子はどうなったんですか?デビューするって話は聞いてましたけど.

若山さんなんかも最後の方に思い出したように出てきて突然「定年なんです」と.もうびっくりですよ,おじさんは.

しかし,いいカンジにまとまって良かったです.
めでたしめでたしです.


来週から引き続き『だんだん』を見続けます.

今回は「歌」ですね.
ダンスよりも取っつきやすいです.

再放送のはじまった『純情きらり』も.
桜子の波瀾万丈の人生を再び.

テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。