GATE of VICSION BLOG

ブログ版『GATE of VICSION』 シーズン2がついにスタート!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太王四神記(BS2ノーカット吹き替え版) レビュー #003

太王四神記 #003『毒薬の因果』

ヒョンゴとスジニは国内(クンネ)城でホゲの様子を探っていた。ヨン家に最近、薬売りのふりをした火天(ファチョン)会のサリャンが頻繁に出入りしていた。ヒョンゴの指示で、怪しい薬売りの後をつけたスジニは、ヨン夫人が毒薬を買ったことをかぎつける。
後燕(こうえん)との戦で手柄をたてたホゲが帰還する。世間ではだれもが、ホゲこそがチュシン王になるべく定められた、優れた人物だと噂していた。王の代理でホゲに褒美を届けにヨン家に行ったタムドクは、ヨン夫人に侮辱され、なぜ叔母でもある彼女が自分を目の敵にするのか不思議に思う。
そんな中、王になってから急に体調を崩し始めた父王を心配したタムドクは、薬を探しに神殿の薬草畑へ。そこで神官見習いのキハと再会したタムドクは、キハに王の病状を診てもらうことに。王を診察したキハは、原因は希少な毒物だと告げる。キハはそれが火天(ファチョン)会の毒だとすぐに気づいた・・・。
(引用NHK)

前回のレビュー:太王四神記 レビュー #003


この頃はまだキハは完全に火天会の勢力なんですね.
火天会として天地神堂に侵入し,ホゲがチュシン王の器であるかどうかを調査し大長老に報告すると.

タムドクとの出会いは全くの偶然であって,キハにしてみればなぜヨン夫人のヤン王暗殺計画に火天会が関与しているのか理解できないと.

パソン姉さんは無事に逃げ出して国内城で鍛冶屋(しかも高句麗一)を開いているみたいで安心です.あれですね,あそこで働いているのはきっと国内城の人間なんですね.

やっぱりこの回前半のホゲはみていて笑みがこぼれてしまいます.
もう,キハが気になって仕方がないのね
いろんな意味でがんばれ!ヨン・ホゲ!

改めてみると今回のタムドクの策略はすごく頭のいい方法だとは思えませんね.
といってもよりよい解決策をここで提示できるわけではないですが.

主治医から「ホゲの策略だ」というタレコミがあったからホゲを練武場で包囲して,その罪を晴らすためにヨン夫人に真犯人を見つけてくれと頼む.

ヨン夫人に犯人は自分であると認めさせるのが目的ではなく「自分たちはおまえ達よりも先を行っている」ということを伝えるのが目的だったんですかね.
まあ,認めればその時点で打ち首なり何なりとすればいいわけですが.

タムドクは現時点ではやはりチュシンの星の下に生まれたことは知らないみたいですね.
父ヤン王が「目立たぬように」というのは単に自分を守るためであってチュシン王だからであるとは思ってないのでしょうか.

そうするとホゲのことを「みんな君がチュシン王だといっている」といいつつも「王になるためにはどうすればいい」(これ次回か?)といっているのがどうも.

火天会の目的は神器を集め,チュシン王を利用して世界を自分たちの手に取り戻すことですね.
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

太王四神記(BS2ノーカット吹き替え版) レビュー #002

太王四神記 #002『チュシンの星

西暦375年。虎族の末裔(まつえい)である火天(ファチョン)会は、かつて神の子ファヌンの降り立ったチュシンの地の神檀樹(シンダンス)の上に阿弗蘭寺(アブルランサ)という祭壇を立てていた。王の誕生を告げる“チュシンの星”が輝くのを見た火天会の大長老は、同時に目覚めるとされる青龍、白虎、玄武、朱雀の四神の神器を捜し出して天の力を手にいれるべく、高句麗、百済などの各地へ兵士を送る。
そのころ、高句麗一の貴族ヨン家では現王ソスリムの妹で、当主ヨン・ガリョの妻の陣痛が始まっていた。一方、王の弟オジジの別荘では、臨月の女性が部屋を抜け出し、チュシンの星輝く空の下、人目を避けるように山の中へ・・・。
星が輝きを増すころ、白虎の神器を守る鍛冶(かじ)職人の一家と、青龍の神器を守るジン城の城主に、火天会の魔の手が迫っていた。また、火天会に攻め入られたサビ城では、城主の妻が幼い娘のキハに、生まれたばかりの妹と朱雀の神器である紅玉を託し、床下に隠れさせた。

10年後、ヤン王となった父オジジの教えを守り、息子のタムドクは愚鈍で病弱なふりをして目立たぬように過ごしていた。火天会に育てられたキハは、神殿に神官見習いとして送り込まれる。
(引用NHK)

前回のレビュー:太王四神記 レビュー #002


というわけで前回の話からの続きを.

四神が東西南北にちりばめられ,ファヌンが自分の無力さを認識し,半ばやりにげ感の残る方法で天界に帰ったわけです.

そしてチュシンの星が輝く夜,つまりチュシン王が生まれたときにそれを迎える四神も同時に目覚めるわけですが,その場所が東西南北なのかという話です.

雲師は百済・チン城,百済は朝鮮半島の南西部にあります.
風伯は高句麗・黒水靺鞨,地図上で見ると朝鮮半島の北にあります.
雨師は高句麗・コムル村,まあ,位置はハッキリしませんが,北東なんでしょう.
朱雀は百済・サビ城,今で言うところの扶余郡というところ.

四神が配置された方角と目覚めた場所を表すとするならば,

四神:配置→目覚め

雲師:東→南
風伯:西→北
朱雀:南→東
雨師:北→西

こうなります.
方角が右回りに90°ずれています.
つまり,ファヌンが治めていた神話の時代とタムドクの生まれた三国時代では方角が違ったと.
それとも決定的な勘違いを自分がしていると.


チュシンの星が輝く日,真のチュシン王が誕生するという.
おそらく,チュシンの星が輝いていたのはその日の0時から24時までですね.

前回の放送を観て,どこかで「ホゲが生まれたときは輝きが鈍かったような」という発言をした記憶がありますが,これは勘違いみたいですね.

昼間でもその存在がハッキリとわかるほどに輝いていたチュシンの星ですが,タムドクが生まれた瞬間によりいっそう輝き,その光を見たヨン・ガリョが「今生まなくては」といった直後にホゲが生まれたと.

つまり,天が示したチュシン王はホゲではなくタムドクであると.

玄武の神器に関して前回こんな事を書いてます.
>火天会であっても玄武に守られているコムル村を襲うことはできなかった

二回目の感想としては,玄武に火天会の手が及ばなかったのは「その光に気がつかなかったから.」だと.
パソンを火天会から守るためになんかスーパーアイテムを使って霧をつくりだしたので,あれの強力版で村ごとというよりも山ごと消していた可能性もありますが.

ホゲの母がなぜあそこまでホゲをチュシン王にしようとしていたのかがわかるような気がしてきました.

スジニがキハを国内城で見かけたとき,お互いに視線でその存在を確認し合っていましたが,あれはやはり姉妹であるゆえんなのでしょうね.

キハはどんなことがあってもスジニを守らないといけない.
この事が終盤で影響してくると?そうだっけ?

キハをホゲが助けたのは火天会の策略だったわけですね.
あれを計画した大長老よりもあのタイミングを正確に計っていたサリャンの方がすごいです.拍手喝采,スタンディングオベーションです.

キハみたいな子に視界の隅でうろちょろされたらそりゃあ,ホゲもタムドクも気になってしまうでしょう.火天会の策略だとは知らずに.ウッヘッヘ

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

太王四神記(BS2ノーカット吹き替え版) レビュー #001

太王四神記 #001『神の子 ファヌン

西暦384年。2千年間、玄武の神器を守ってきたコムル村の村長ヒョンゴは、チュシンの王をさがし求めて、弟子のスジニを連れて国内(クンネ)城へと旅をしていた。ファヌン様の話をしてほしいとスジニにねだられ、しぶしぶ神話を語り始める。

2千年前、地上は火の力を持つ巫女(みこ)カジン率いる虎族が武力で支配していた。そんな世界を見かねた神の子ファヌンは、3人の守護神とともに地上に舞い降りると、平和の国“チュシン国”を建国する。集まった人々はファヌンの民として平和に暮らし始めた。
だが、ファヌンに世界を奪われたと思った虎族は、ファヌンの民を攻撃し始める。抵抗して戦いを続ける熊族のなかに若い女戦士セオがいた。苦しむ人々に涙するセオの姿に心を痛めたファヌンは、カジンの火の力を奪う決心をする・・・。
(引用NHK)

前回のレビュー:太王四神記 レビュー #001


二回目の視聴です.
なので,新しく気がついたことや再確認できたものなどが中心になるかと思います.

前回のレビューでは見事にとびとび,むしろ#013以降書いていないという状態でしたが,今回はがんばりたい.特に環境が変わらなければああいったことは起こらないと信じたい!


おそらく,前回の視聴では第一回は地上デジタルではなくアナログで観ていたのだと思います.
なので「何ともCGのすごいこと.」「面白くなくなる原因として,「真っ暗な中での戦闘」がありますね.何が起こっているのかわからなくなります.」という批判的なコメントが多数見られました.

が,しかし改めてデジタルで見ると映像のきれいなこと.
ファヌンが結界を張っているところや黒朱雀を鎮めるために三体の神獣が戦うシーンもハッキリくっきり.

CGが意外とすんなりと入ってきたような気がします.
特に神獣の戦闘シーンは何が起こっているのかハッキリわかっておもしろかったです.

>コムル村はファチョン会のためにチュシンの王を探しているの?
そんなことはだれも言っていない上に,そうでは無いという区別も付きますね.
ヒョンゴは「我々がチュシン王を迎える」と発言していて,大長老は「神器を集めて天の力を我々の元に」と発言していますね.

そして,四匹の神獣とファヌンの関係.
ファヌンが天界から地上に降りてくるときに連れてきたのは雲師(青龍),風伯(白虎),雨師(玄武)の三匹.

雲師は雲を呼ぶ力を持ち,風伯は風を起こす力,雨師は水を操る力を持つ.

ファヌンはそれぞれの神獣に東,西,北の地を守り,民と共に暮らすことを命じる.
雲師は東,風伯は西,雨師は北.
これ,2千年後に四神が目覚める場所と関係があるのかと思ったんですが,あまりなさそうな気もします.
その話は次回に回しますかね.

最後に朱雀.
火の力は本来地上にあったもので,人間である虎族が発見したもの.
それを代々,巫女となる人物が受け継ぎ世界を支配していました.
そして,カジンにその力が受け継がれた頃,ファヌンが地上にやってきて虎族の横暴を見るに見かねてカジンからその力を取り上げ,朱雀の心臓と呼ばれる紅玉に封じ込めたと.

朱雀とは元々南方を守る神獣であり,普段は温厚な性格だが,その力は強大で,一度暴走すると鎮めるのは難しいということ.

ということはファヌンは朱雀の強大さ故に意図的に地上に連れてこないで,火の力を封じるために緊急的に心臓を地上に呼び寄せたと.
それとも朱雀は他の神獣とは違い,元々地上で生活をしていたということでしょうか.

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

太王四神記 レビュー #024

#024『二千年の時を越えて

スジニと再会したタムドクは、「黒朱雀になったら止めてやる」と約束し連れ戻す。スジニがずっと育てていたキハの子どもはアジクと名付けられていた。

火天(ファチョン)会の大長老は、玄武と白虎の神器を奪うためコムル村を襲撃。阿弗蘭寺(アブルランサ)にいるホゲは、キハの真の望みを憂慮しながらも、タムドクが現れるのを待っていた。

やがてアジクが火天会にさらわれ、スジニは取り乱す。タムドクあてに残されていた文には、アジクがタムドクの子どもであり、救いたければ直接来いと書かれていた。阿弗蘭寺に向かったタムドクの軍は、待ち構えていたホゲの率いる火天会と後燕の連合軍と対決する。

一方、阿弗蘭寺の祭壇では、キハが四神のすべての神器を並べ始めていた。
(引用NHK)


さてさて,超遅レビュなわけなので簡単に覚えている範囲で感想と最後まで観て思ったことを.


百済侵攻がタムドクの思うがままになっていたことには驚きを隠せませんでしたね.
「彼の指示に従って,その通りに動けば大丈夫.」といった共通意識みたいなものができているのではないかと.

玄武の目覚めにはじまり,朱雀,青龍,白虎と目覚めていったわけですが,玄武(ヒョンゴ),青龍(チョロ),朱雀(キハ,スジニ)に関しては守り主が基本的に常に近くにいたということでまあ納得でしたが,白虎に関してはチュムチが選ばれたことは意外でした.(人物相関図ですでに知っていましたが)
「神器が代々受け継がれる→守り主の血(地位)が受け継がれる」ものだとばかり.
あれ?シウ族は靺鞨の鍛冶職人村と関係があるんでしたっけ?

スジニが自分が黒朱雀になる可能性があることに気がつきタムドクの元を去ると決めてからのアジクとの隠居生活はもう涙無しでは.

全体を通して説明がされない部分が多かった作品だったようですが,ラストシーンもつくった人しか理解できない仕上がりになっていてびっくりしてしまいました.


最終的に朱雀の守り主として黒朱雀の力を解放してしまったのはキハ.
もし,キハとスジニの立場が逆だとしたらスジニが黒朱雀になっていたということですかね.うーんそれはないような気もします.
神の力が意図的に2人の人間に力を与えるとは思えません.

やはり,朱雀つまり火の力への執着はセオよりもカジンの方が強かったわけですから,2千年前に朱雀の守り主がセオだったとしても,チュシン王の誕生に合わせて転生したキハとスジニでも長い時間の中で守り主がキハに変わっても何ら不思議ではありません.

というよりも,火の力がセオに移ったこと自体ファヌンが独断で勝手にやったことですから,所有権の移動なんて起こっていなかったのかもしれませんね.
スジニはセオが火の力を使えるようになったから,その名残があって守り主と勘違いされたと.

ああなるほど,何となく納得がいきます.
玄武を守り,チュシン王を始めに迎えるヒョンゴがスジニの額に黒朱雀の紋章を見たのは,スジニが黒朱雀になるという暗示ではなく,過去に黒朱雀になったというメッセージだったのかもしれません.朱雀はそのことを他の神獣に伝える必要があったと.


ラストシーン.
タムドクが白い光に向かって歩いていきますが,あれがキハに向かって歩いているという意見もあるみたいですが,どう見ても石碑に向かっているようにしか.神の力を返すんだから.

あの状況を生き残ったのはスジニ,アジク,人間として戻ったタムドク.
タムドクはその後も侵攻を続け,アジクはタムドクの功績を石碑として残すと.

となるとタムドク&スジニのペアはハッピーエンドということですかね.

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

太王四神記 レビュー #014

#014『難攻不落の城

百済に進軍したタムドクたちは、敵味方ともに無駄な血を流すことなく、昔賢(ソッキョン)城をはじめ、次々と4つの城を陥落していく。
足止めをくらっていたホゲ軍のもとに、やっと騎馬隊が到着するが、キハの姿はない。「すべきことがある」と国内(クンネ)城に戻ったと聞き落胆するホゲ。そこにタムドク率いる軍がすでに4つの城を落としたという伝令が入る。タムドクの伝言を持ってきたヒョンゴンは、引き返す百済の援軍の後を追うようホゲに伝える。力をあわせて、関彌(クァンミ)城を攻めるのだと訴えるが・・・。

宮殿ではヨン・ガリョと3部族長たちが集まっていた。自分たちの知らぬ間にタムドクが出陣して次々と戦果を収めている一方で、ホゲの軍に動きがないことについて話していた。
神殿に現れたキハは、不思議な力を使って大神官と2人きりになる。キハは、身ごもった子どものために再び大地の母になるのだと告げ、「天地神堂を手に入れる」と迫る・・・。(引用NHK)


#024にまとめ

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。